健康食品・医薬品

明治、「明治ステップ」シリーズおよび「明治ステップ らくらくキューブ」シリーズをリニューアル発売

2022.10.24 20:51 更新

 明治は、1歳~3歳頃の不足しがちな栄養をまとめてサポートする「明治ステップ」シリーズおよび「明治ステップ らくらくキューブ」シリーズを、幼児期のアタマの発育に重要な、「鉄」と「DHA」を強化した栄養設計にリニューアルし、10月下旬以降順次発売する。

 近年、幼児の「脳育」に高い関心が寄せられており、同社が実施した幼児の健康に対する悩み・心配事に関する調査(同社ベンチマーク調査 2021年11月実施)でも「脳や神経の発達」についての関心度が非常に高まっていることがわかっている。しかし、その一方で脳の発育に重要な栄養素である「鉄」は、普段の食事だけでは1日に必要な摂取量を取るのは大変で、2人に1人が鉄不足(「日本人の食事摂取基準(2020年版)」の推奨量(12~36ヵ月)と「国民健康・栄養調査(平成28年)」の摂取量中央値(12~36ヵ月)の比較)の状態だという。また、同じく脳の発育にとって重要な栄養素である「DHA」は、牛乳にはほぼ入っておらず、手軽に摂取することが難しい栄養素といえる。

 こうした状況を踏まえ、脳の発育に必要な栄養素を十分に摂取できるよう「明治ステップ」シリーズ2品および「明治ステップ らくらくキューブ」シリーズ3品を、「鉄」と「DHA」を強化した栄養設計へとリニューアルする。コップ2杯ほど(400ml)で1日分の「鉄」(「日本人の食事摂取基準(2020年版)」の推奨量(12~36カ月))のほか、「カルシウム」や「ビタミンC」「ビタミンD」などの幼児(1歳~3歳頃)の健全な発育に大切で、不足しがちな栄養も手軽にまとめて取ることができる。

 今後もフォローアップミルクのトップブランドとして、幼児期の鉄をはじめとする栄養摂取の重要性について理解いただく取り組みを実施するとともに、「明治ステップ」ブランドの販売を通じて子どもの健やかな発育をサポートしていく考え。

 商品特長は、アタマの発育に重要な「鉄」「DHA」配合量No.1(国内フォローアップミルク比較 鉄配合量:100g中10mg配合、DHA配合量:100g中100mg配合)のフォローアップミルクとのこと。普段の食事や牛乳では取りにくい栄養をまとめて摂取できるという。

 同社は「明治グループサステナビリティ2026ビジョン」を掲げ、プラスチック資源循環に対する取り組みを強化している。施策の1つとして「プラスチック製スプーンなど、製品におけるプラスチック使用量の段階的削減」に取り組んでいて、粉ミルクの「明治ほほえみ」「明治ステップ」ブランドについては、2025年までに製品におけるプラスチック使用量の段階的な削減を計画している。今回、第一弾として、「明治ステップ 2缶パック」において、「プラスチック製スプーン」を付属せずに販売することとした。前年の出荷量で換算すると、年間で約13.2トンのプラスチック使用量の削減が見込める。調乳の際は、大さじ計量スプーンで代用が可能とのこと。また、環境配慮の観点から缶のパッケージデザインに使用する色の数を減らしている。

 同商品の発売を通じて、プラスチック使用量の削減にも取り組み、持続可能な社会の実現に向けて社会的問題の解決に貢献していく。

[小売価格]
明治ステップ(800g):2290円 ※11月1日受注分から2461円
明治ステップ 2缶パック:4579円 ※11月1日受注分から4922円
明治ステップ らくらくキューブ(112g):410円 ※11月1日受注分から440円
明治ステップ らくらくキューブ(448g):1625円 ※11月1日受注分から1747円
明治ステップ らくらくキューブ(1344g):3867円 ※11月1日受注分から4158円
(すべて税込)
[発売日]10月下旬から順次

明治=https://www.meiji.co.jp/


このページの先頭へ