健康食品・医薬品

小林製薬、「命の母 アクティブ」を発売

2022.10.21 21:50 更新

 小林製薬は、女性に寄り添う保健薬「命の母」ブランドから、更年期を終えた女性のホルモン減少や自律神経の不調による肩こり、腰痛、疲れ等のつらい症状を改善する生薬製剤「命の母 アクティブ」(第3類医薬品)を10月12日から発売した。

 更年期の不調は生活者の中で浸透してきた一方、更年期後にも女性ホルモンの減少によって様々な不調が起こることはあまり知られていない。年のせいだと諦めるのではなく、ホルモンの影響であれば対処できることを認識してもらい、平均寿命が伸びている現代において、更年期後の生活の質向上の一助となるよう「命の母 アクティブ」を開発した。

 「命の母 アクティブ」は、「命の母」ブランドで初めてとなる“更年期後”の世代へ向けた生薬由来の医薬品とのこと。更年期や生理の諸症状などに対応した製品をもつ「命の母」ブランドの知見や研究技術を生かして開発をした。

 小林製薬独自の分量で配合した10種類の生薬がホルモンバランスを整える。血の巡りを良くして血の滞りを改善したり、衰えた筋肉や骨に働きかけたりすることで、肩こりや腰痛、冷えなどを原因から改善する。

[小売価格]
168錠:2000円
168錠×2:4000円
(すべて税別)
[発売日]10月12日(水)

小林製薬=https://www.kobayashi.co.jp/


このページの先頭へ