健康食品・医薬品

大塚食品、「もち麦・玄米入リマンナンヒカリ」と「もち麦・玄米入りマンナンごはん」を発売

2022.09.13 12:54 更新

 大塚食品は、米粒状加工食品「マンナンヒカリ」ブランドから、大麦β-グルカンの働きで食後血糖値の上昇をおだやかにする「もち麦・玄米入りマンナンヒカリ」と「もち麦・玄米入りマンナンごはん」の機能性表示食品2品を、9月12日に発売した。

 こんにゃく生まれの「マンナンヒカリ」は、お米と混ぜて炊くだけで、ごはんの見た目や量、おいしさはそのままに、糖質・カロリーをカット、食物繊維もとれる米粒状加工食品となっている。近年の健康志向、糖質関連市場の拡大に伴い、多くの消費者に支えられながら成長を続けている。

 普段の食事に手軽に取り入れ、普通のごはんと同じように無理なく続けられることが「マンナンヒカリ」の魅力のひとつだが、健康意識が高い消費者からは、「マンナンヒカリともち麦や玄米などを混ぜて食べている」、「糖質カットのマンナンヒカリにもち麦などの健康感をプラスして食べたい」といった声が寄せられ、今回の新製品開発に至った。

 「もち麦・玄米入りマンナンヒカリ」は、マンナンヒカリ、もち麦、玄米を使用しており、そのまま炊くだけの炊飯タイプとのこと。またレンジで温めるパックごはんの「もち麦・玄米入りマンナンごはん」は、マンナンヒカリ、もち麦、玄米、白米を使用している。どちらもマンナンヒカリと、食後血糖値の上昇をおだやかにする大麦β-グルカンが含まれるもち麦、プチプチとした食感の玄米、それぞれの良さが楽しめる。

 大塚食品は今後も「マンナンヒカリ」を通して、おいしく健康的な食生活を提案していく考え。

[小売価格]
もち麦・玄米入リマンナンヒカリ:650円
もち麦・玄米入りマンナンごはん:240円
(すべて税別)
[発売日]9月12日(月)

大塚食品=https://www.otsukafoods.co.jp/


このページの先頭へ