健康食品・医薬品

明治、11月1日出荷分および受注分から牛乳類・ヨーグルト・プロテイン飲料・宅配専用商品・乳幼児用粉ミルクを値上げ

2022.09.22 13:53 更新

 明治は、11月1日出荷分および受注分から順次、牛乳類、ヨーグルト、プロテイン飲料、宅配専用商品、乳幼児用粉ミルクを値上げする。

 現在、飼料価格の高騰などによって生乳生産コストは上昇しており、国内生乳生産者の経営は厳しい状況となっている。こうした中、同社は国内生乳生産者の経営状況を改善するとともに、生乳生産基盤を維持し、今後も牛乳・乳製品の安定供給をおこなっていくために、全国の指定生乳生産者団体と11月1日から生乳取引価格を引き上げることで合意した。

 また、世界的な需要拡大などの影響によって、海外乳原料、油脂といった原材料価格は上昇している。さらに、原油価格高騰の影響による物流費コストや包装材価格の上昇に加え、エネルギーコストなどの諸経費も高止まりの状態が続いている。

 同社においては、これらのコスト上昇を吸収すべくさまざまな対策を講じてきたが、現状の価格による販売の継続が難しい状況となったため、今回、牛乳類15品、ヨーグルト58品、プロテイン飲料15品、宅配専用商品17品、乳幼児用粉ミルク10品の合計115品の商品群について値上げを実施する。

 改定率は小売価格を2.0~7.5%値上げする。出荷価格(オープンプライス商品および小売価格を設定していない商品は出荷価格による改定率)については2.8~6.1%を値上げする。

[改定日]11月1日(火)受注分から

明治=https://www.meiji.co.jp/


このページの先頭へ