健康食品・医薬品

明治、市販向け栄養食「明治メイバランスMiniカップ ミルクテイストシリーズ」7品が「総合栄養食品」の表示許可を取得

2022.06.17 22:05 更新

 明治は、同社が販売する市販向け栄養食「明治メイバランスMiniカップ ミルクテイストシリーズ」7品が特別用途食品「総合栄養食品」の表示許可を取得したことを記念し、明治メイバランスMiniカップミルクテイストシリーズ7品「総合栄養食品」表示許可取得記念イベントを6月16日に開催した(許可表示取得商品はMiniカップ ミルクテイストシリーズの7品。ヨーグルトテイストシリーズ4品とArgシリーズ2品や他商品は許可表示を取得していない)。

 明治の大石昇吾グローバルニュートリション事業本部長から明治メイバランスの商品紹介および、許可取得の経緯についての説明のあと、スペシャルサポーターとして元プロレスラーの佐々木健介さん、お笑いコンビよゐこ 有野晋哉さん、濱口優さんが登場した。

 総合栄養食品という言葉を聞いた印象を佐々木さんは、「難しい。栄養がたくさん入っているものだとは思う」とコメント。有野さんと濱口さんは、「総合格闘技ならわかる」と佐々木さんにちなんだボケを披露。「漢字では間違いなく書けない」と濱口さんは自虐的なコメントをしていた。総合栄養食品の説明と「明治メイバランスMiniカップ ミルクテイストシリーズ」が特別用途食品である総合栄養食品として消費者庁からの表示許可を受けたことについて、佐々木さんは、「国のお墨付きを得られたということはすごい信頼感になる」と、安心・安全が商品から伝わってくるとのこと。濱口さんは、「安心・安全な商品として理解しやすい」と、国から認められたメイバランスの安心感と信頼感に納得している様子だった。

 続いて佐々木さん、有野さん、濱口さんが商品を実際に試食。明治メイバランスMiniカップの飲みやすさに佐々木さんは思わず「色んな栄養素が入っているとのことだったので、飲みにくいのかと思っていたが、飲みやすくて、味もおいしい」とコメント。濱口さんは「口当たりがとても滑らか」と、食感にも好感触であるとのこと。有野さんも「優しい味で、じんわり栄養が入ってくるのがわかる」と話し、実際に試食して、飲みやすさや体調が悪い時でも無理せず栄養が摂れる手軽さに驚いていた。

 試食後のトークセッションで、自身や家族が食事を普段のようにとれないときに工夫していることや、困ったエピソードについて尋ねられた佐々木さんは、「いつも元気な妻にも体調が悪い時があり、食欲もほとんどない状態になってしまう。そういうときに少しの量で栄養がまとめて摂れるメイバランスがあったらいいなと思った」とコメント。

 濱口さんは「妻が体調を崩した時、何か作ってあげたいが、料理ができないので、メイバランスが家にあったら嬉しい」と語っていた。一方、有野さんは、明治メイバランスMiniカップが1年間の常温保存ができることに関して「防災バッグにも入れることができる」と話し、家族とのエピソードやメイバランスが欲しいシーンを明かしてくれた。

 最後に佐々木さんは、「長男が結婚して、いずれ次男も結婚したら、夫婦2人の時間が増えていく生活になる。夫婦ともども栄養で困った時は、メイバランスに頼りながらこれからも健康に楽しく毎日を過ごしたいと思う」と述べていた。有野さんは、「総合栄養食品というものを初めて飲んだのだが、これからも色んなものを試していきたいなと思っているので、いつまでも健康でいたいと思う」とコメント。濱口さんは、「風邪ひいたらすぐに治したいので、栄養がまとめて摂れる総合栄養食品の明治メイバランスで元気を取り戻したい」と話していた。

 「総合栄養食品」は、特別用途食品の分類の一つ。医学的、栄養学的な根拠をもとに基準が定められており、使用実績や販売実績などをもとに審査が行われ、消費者庁が表示の許可をしている。「明治メイバランスMiniカップ」シリーズは、全国のドラッグストアを中心に2万5000店以上の採用実績がある店頭販売を主とする商品となっている。その中でも、消費者に最も選ばれているミルクテイストシリーズの表示許可を取得した。

 超高齢社会の進行やコロナ禍の長期化によって、医療・介護におけるさまざまな社会課題が増大している。その中で、衰えの加速や病状の悪化を防ぐために、栄養状態をよりよく保つことは非常に重要となっている。

 「明治メイバランス」は、明治独自の総合的な栄養バランスを考えた栄養食ブランドとのこと。1995年に誕生して以来、さまざまな病態や医療現場のニーズに対応した商品ラインアップを展開し、多くの病院・施設で使用されてきた。さらに、2014年からはドラッグストアなどの市販向けに「明治メイバランスMiniカップ」を発売し、食事や栄養で悩む人への栄養補給として、市販流動食のトップブランドとして市場をけん引している。

 「明治メイバランスMiniカップ」の特長は、体に必要な6大栄養素(たんぱく質、脂質、糖質、食物繊維、ビタミン(ビタミン(ミルクテイストシリーズ13種、ヨーグルトテイストシリーズ6種、Argシリーズ7種))、ミネラル(ミネラル(ミルクテイストシリーズ12種、ヨーグルトテイストシリーズ8種、Argシリーズ7種)))が一度に摂れる。明治独自の総合的な栄養設計によって効率よく栄養を摂取することができるという。

 また、内容量125mlと少量で200kcalと高エネルギー設計としているとのこと。1本でご飯約一杯分(文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告日本食品標準成分表2020年版(八訂))相当のエネルギーを摂取することが可能となっている。

[小売価格]264円(税込)
[許可表示品発売日]6月下旬から順次

明治=https://www.meiji.co.jp


このページの先頭へ