健康食品・医薬品

森永製菓、「MCTスタイル<ベイクドショコラ>」を機能性表示食品としてリニューアル発売

2022.06.10 18:42 更新

 森永製菓は、MCT(中鎖脂肪酸)オイルを配合した脂質マネジメントチョコレート「MCTスタイル<ベイクドショコラ>」を6月中旬から「機能性表示食品」としてリニューアル発売する。同商品に含まれる中鎖脂肪酸(オクタン酸、デカン酸)は、BMIが高めの人のウエスト周囲径の減少、体脂肪や内臓脂肪を減らすことが報告されている。

 新型コロナウイルス感染症拡大によって健康意識が変化する中で、体脂肪を気にする人は多く、食生活の改善意向も高いことが分かった。そのような中で脂質に対する考え方が変化し、MCTオイルは、2020年度の市場規模が前年比203%(日清オイリオグループ調べ)とコロナ以降急速に拡大している。そこで、チョコレートに使用している油脂の一部をMCTオイルに置き換え、脂質の“質”にこだわった新しいチョコレートを開発した。

 MCTオイルは溶けやすくチョコへの加工が難しい素材だが、同社のベイクド技術によりチョコレートにMCTオイルを高い割合で配合することが可能になったという。

 商品特長は、脂質の“質”にこだわったウェルネスチョコレート。6粒当たり、中鎖脂肪酸1.6g(オクタン酸1.2g、デカン酸0.4g)含有する。中鎖脂肪酸(オクタン酸、デカン酸)はBMIが高めの人のウエスト周囲径の減少、体脂肪や内臓脂肪を減らすことが報告されている。ベイクド技術によって外側サクサク・内側なめらかな二重食感が楽しめる。

 MCTとは、中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglyceride)のことで、ココナッツやパームフルーツなどヤシ科植物の種子に含まれる植物成分とのこと。一般的な食用油に含まれる長鎖脂肪酸(Long Chain Triglyceride)などと比べて短時間でエネルギーになることが特長となっている。

[小売価格]216円(税込)
[発売日]6月中旬

森永製菓=https://www.morinaga.co.jp/


このページの先頭へ