健康食品・医薬品

ファンケル、ダイドードリンコと共同開発した「大人のカロリミット ジャスミンティープラス」を通信販売で数量限定発売

2022.05.19 18:32 更新

 ファンケルは、6月16日から、ダイドードリンコ(以下、ダイドー)と共同開発した「大人のカロリミット ジャスミンティープラス」を通信販売で数量限定発売する。

 同商品には、最高等級茶葉「銀毫(ぎんごう)」と、「春毫(しゅんごう)」を使用している。ジャスミンの華やかな香りが楽しめ、食事の後味をさっぱりしてくれる、飲みやすいジャスミン茶に仕上げた。

 「大人のカロリミット」茶シリーズは、2016年に機能性や製法にこだわった健康食品の開発を行うファンケルと、本格的な味わいにこだわり続ける商品開発力をもつダイドーが共同開発した。

 機能性関与成分として「難消化性デキストリン(食物繊維として)」を1本当たり5g配合した。機能性表示食品の根拠として、機能性に関する研究論文を集め、総合的に検証する「研究レビュー」で、「食事の糖や脂肪の吸収を抑える」機能があることを確認している。そのほか、同社の大人気サプリメント「大人のカロリミット」の素材である、桑の葉、ブラックジンジャー、茶花の3種を配合している。

 神経科学の知見に基づいた先進的な生体反応調査によって、“手で持った”時の気持ちまで踏み込んで検証した。手作りのぬくもりが感じられるボトルのフォルムで、美味しさだけではなく、飲んでいる間の“心地よさ”までも追求した。

 昨今、外出自粛や在宅勤務の拡大など、人々の生活様式や働き方が大きく変わるとともに、健康志向はさらに高まっており、飲料市場は、味わいや機能だけでなく、飲料に楽しさを求めていることがダイドーの調査で分かった(ダイドー調査(Web/20~50代有職男女、大人のカロリミットはとむぎブレンド茶ユーザー/非機能性無糖茶ユーザー n=832/21年9月))。

 そうした中で、「食事をもっと楽しく」をコンセプトとした機能性表示食品「大人のカロリミット」茶シリーズは、「機能への信頼」と「美味しさ」を評価されるとともに、「楽しい・明るい」というイメージも持ってもらうなど、女性を中心に多くの消費者から好評を得ているという。

 一方で、“機能性表示食品のお茶は苦そう”といったイメージを持つ人がまだまだ多く存在していることもダイドーの調査で分かった(ダイドー調査(Web/30~40代有職女性、非機能性無糖茶ユーザー n=128、大人のカロリミット茶ユーザー n=90/20年7月))。そこで、「大人のカロリミット ジャスミンティープラス」を、好評を得た味わいはそのままに、これまで以上に「食事をもっと楽しく」できるよう、「機能」だけでなく、より「美味しさ」や「楽しさ」が分かりやすいパッケージにリニューアルした。パッケージはあらゆる食事シーンを彩る全面デザインを採用し、原材料や栄養成分表示は外装箱にのみ記載している。

[小売価格]3589円
[発売日]6月16日(木)

ファンケル=https://www.fancl.jp
ダイドードリンコ=https://www.dydo.co.jp/


このページの先頭へ