健康食品・医薬品

富士フイルム、機能性表示食品「メタバリア葛の花イソフラボン EX」をリニューアル発売

2022.01.13 19:15 更新

 富士フイルムは、おなかの脂肪・体重が気になる人向けの機能性表示食品「メタバリアシリーズ」のラインアップとして、機能性表示食品「メタバリア葛の花イソフラボン EX(イーエックス)」を2月14日にリニューアル発売いたしますする。

 同社は、2017年に「体重やおなかの脂肪を減らす」という機能(機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)」の機能性として)を訴求した機能性表示食品「メタバリア葛の花イソフラボン」を発売し、多くの人から好評を得てきたという。今回、これまでの機能に、「日常生活活動時や運動時(3.5メッツ程度のもの。メッツとは、身体活動(日常生活活動・運動)における運動強度の単位。安静時(横になったり、座って楽にしている状態)を「1」とした時と比較して何倍のエネルギーを消費するかで活動の強度を示したもの。3.5メッツ程度の運動の具体例としては、散歩、掃除機かけ、モップがけ、洗濯物干し、庭の草抜き、子どもと遊ぶ、釣り、自転車に乗る(8.9㎞/h)、ゴルフ、トランポリン、ヨガ、卓球などが該当する。出典:国立健康・栄養研究所「改訂版『身体活動のメッツ(METs)表』」)のエネルギー消費を高める」機能を新たに加え、「メタバリア葛の花イソフラボン EX(イーエックス)」として発売する。家事や仕事で忙しく、習慣的な運動に取り組めていない人や、ヨガやウォーキングなど既に取り組んでいる軽い運動の効果を高めたい人におすすめとなっている。

 近年、人々の健康意識が高まる一方、多くの人が「運動不足」と感じている。家事や仕事で日常的に忙しい人も多い30~60代を対象に行われた調査(出典:TPCマーケティングリサーチ「コンシューマーレポートNo.303 生活習慣病対策の実態とニーズ」2021年3月発刊。30~60代の男女824人を対象とした調査)では、74%が「運動不足」と感じているという結果が出ている。さらに、調査対象者の約半数(46%)が「意識はあるが、取り組めていないこと」として「運動・スポーツ」と回答している。そこで同社は、散歩や掃除機かけなど、「日常生活活動」でのエネルギー消費量を増加させ、脂肪を消費させるアプローチに着目し、運動に対する意識はあるものの、家事や仕事で忙しく、習慣的な運動に取り組めていない人に向けた製品を開発した。

 健康的なカラダづくりには、「食事からの摂取エネルギー」と「日常活動での消費エネルギー」のバランスを整えることが重要とのこと。今年で発売開始から15周年を迎えるメタバリアシリーズは、機能性関与成分サラシノールにより糖の吸収を抑える(機能性関与成分「サラシノール」で報告されている機能性として)「メタバリアEX」と、サラシノールによる糖の吸収を抑える機能と、脂肪の吸収を抑える機能などを有した「メタバリアプレミアムEX」をラインアップし、「おなかの脂肪・体重を減らす」機能性表示食品として好評を得ている。今回のリニューアルによって、「メタバリア葛の花イソフラボン EX」に、家事や軽い運動でのエネルギー消費を高める機能が加わったことで、自分の悩みや生活スタイルに適した商品を消費者がより選択しやすくなるという。

 今回発売する「メタバリア葛の花イソフラボンEX」は、機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)」を配合した機能性表示食品となっている。葛の花由来イソフラボンの機能性として、BMIが高めの人の体重・おなかの脂肪を減らすのを助ける機能と、日常生活活動時や運動時のエネルギー消費を高める機能があるのだという。

 おすすめしたい人は、肥満気味な人、またはおなかの脂肪やウエスト周囲径が気になる人で、特に日常の家事や仕事で忙しく、習慣的な運動に取り組めていない人や既にヨガやウォーキングなど軽い運動に取り組んでいて、その効果を高めたい人などとなっている。

 おすすめの飲み方は、1日4粒を目安に、「外出」や「家事」などの日常的な活動の前など、習慣的に続けやすいタイミングでの利用がおすすめとなっている。

[小売価格]4935円(税込)
[発売日]2月14日(月)

富士フイルム=https://www.fujifilm.com/jp/ja


このページの先頭へ