健康食品・医薬品

富士薬品、調剤併設型ドラッグストアで新型コロナウイルスの医療用抗原検査キットを販売

2021.10.26 19:48 更新

 医薬品の研究開発から製造・販売までを行う複合型医薬品企業の富士薬品は、富士薬品グループが展開する調剤併設型ドラッグストア258店舗において、11月1日から、医療用抗原検査キット(体外診断用医薬品)の販売を開始する。

 これは、厚生労働省が9月27日に発出した通知によって、新型コロナウイルス感染症の流行下の特例として、薬局での医療用抗原検査キットの販売が認められたことを受けての対応となる。富士薬品グループは、新型コロナウイルス感染症の流行に予断を許さない状況が続く中で、医療用の抗原検査キットの販売を通じて、一般生活者の感染防止の行動というセルフメディケーションの実践を支援し、それによって地域社会の活性化に貢献していく考え。

 取り扱う医療用抗原検査キットは、「SARS-COV-2ラピッド抗原テスト(体外診断用医薬品)」で、医薬品医療機器等法で承認を得ている検査キットとなる。

 取扱店舗は、「セイムス」をはじめとする富士薬品グループの調剤併設型ドラッグストア258店舗となる。

[小売価格]1650円(税込)
[発売日]11月1日(月)

富士薬品=https://www.fujiyakuhin.co.jp/


このページの先頭へ