健康食品・医薬品

ヤクルト、機能性表示食品「肝(かん)ファイン」を地域限定で発売

2021.08.18 18:16 更新

 ヤクルト本社は、機能性表示食品「肝ファイン」を10月4日に地域限定で発売する。

 同品に含まれる「紫サツマイモ由来アントシアニン(アントシアニン:ポリフェノールの一種で、花や果実などに広く分布する色素成分)」には、「健康な人の健常域でやや高めの肝機能に関連する酵素(AST、γ-GTP)(AST、γ-GTP:肝臓の細胞に多く含まれる、アミノ酸の代謝にかかわる働きをする酵素。肝臓の細胞がダメージを受けると血液中に漏れ出てくることから、肝臓のダメージを測る指標(肝機能マーカー)として健康診断等において一般的に広く使用されている)値の低下に役立つ機能があること」が報告されている。

 商品特長は、紫サツマイモ由来アントシアニンが、1本(160g)に401mg含まれている。紫色素が豊富な品種「アヤムラサキ」(九州産)を使用している。砂糖や人工甘味料、着色料は不使用で、サツマイモ由来の自然な甘さがマッチした、濃厚でありながらスッキリとした飲み口となっている。

[小売価格]300円(税別)
[発売日]10月4日(月)

ヤクルト本社=https://www.yakult.co.jp/


このページの先頭へ