健康食品・医薬品

マルハニチロ、在宅向け介護食「おいしさ満天食堂」シリーズから肉メニュー3品を発売

2021.05.20 15:25 更新

 マルハニチロは、在宅向け介護食「おいしさ満天食堂」シリーズに肉類を使用したメニュー3品を追加し、6月1日から発売する。

 「おいしさ満天食堂」シリーズは“食べる人、支える人、日本を元気にしたい”をコンセプトに、在宅介護中の消費者へ展開しているペースト食で、昨年3月の発売開始以来、売り上げが順調に推移しているという。

 介護食に関する消費者の困りごとには、「メニューバリエーションが少ないこと」が上位にあがることを受け、今回、在宅における充実した介護食提供をサポートするため、既存の魚メニュー5品に加え、肉メニュー3品を新たに発売する。

 肉メニューは60代以上の食卓において3回に1度の頻度で登場しており(出典:インテージ社 キッチンダイアリー(2019年12月~2020年11月))、中でも、「から揚げ」や「しょうが焼き」など、人気のメニュー3品をラインアップした。

 「おいしさ満天食堂」シリーズについては、在宅向け常温レトルトタイプのペースト食シリーズとのこと。独自の製法で味付けを工夫し、国内工場で生産している。ユニバーサルデザインフード「かまなくてよい」区分の商品とのこと。家庭でなめらかに仕上げることが難しい肉料理を簡単に用意することができる。

 明るいパステルカラーを基調としたパッケージデザインには、コミュニケーションのきっかけとなるようメニューごとに異なるキャッチコピーが記載されている。

 「おいしさ満天食堂 ぶたのしょうが焼き風」は、豚肉・たまねぎの甘みや旨みを感じるコクのある味わいに仕立てた。しょうがのさっぱりとした風味がおいしさを引き立てる。

 「おいしさ満天食堂 とりのから揚げ風」は、にんにく醤油・しょうが風味を効かせた食欲をそそる1品とのこと。もも肉のジューシーな味わいと揚げ感を楽しむことができる。

 「おいしさ満天食堂 ビーフステーキ風」は、塩・こしょうでシンプルに味付けし、ガーリックの風味を効かせた味わいに仕立てた。鉄板で焼かれたような焼き感を楽しめる。

[小売価格]各167円(税込)
[発売日]6月1日(火)

マルハニチロ=https://www.maruha-nichiro.co.jp/


このページの先頭へ