健康食品・医薬品

キューサイ、天然ビタミンEが血行を改善し手足のしびれを緩和する医薬品「シビレナ E300」を発売

2021.04.30 15:22 更新

 キューサイは、同社初となる自社ブランド医薬品「シビレナE300」を4月30日に発売した。「α型天然ビタミンE」を300mg配合した、手足のしびれに悩む人に向けた医薬品となっている。同社は昨年1月に医薬品事業を立ち上げ、カタログや公式ショッピングサイトでの通信販売で医薬品を届けてきたが、同商品発売に合わせてテレビ通販での販売も開始した。

 商品特長は、血管のサビ(過酸化脂質)の増加を防止し、血管をきれいにするビタミンEを主成分としているとのこと。「シビレナE300」は、ビタミンEの中でも優れた効果のある「α型天然ビタミンE」を300mg配合した。

 「α型天然ビタミンE」の特長は、人体への吸収率や効率が高いとのこと。血行促進効果に優れているという。抹消血行障害によるしびれなどの症状を和らげるとしている。

 しびれの主な原因は、運動不足や気温・気圧の変化、血管のサビ(過酸化脂質)の蓄積などによる血行不良とのこと。体の隅々まで十分な酸素を供給できず体の中に溜まった老廃物を回収できなくなり、手足のしびれがおこるという。しびれを放置すると、末梢神経へのダメージが進んで慢性化し、痛みから運動が不足しがちになるとのこと。それによって血流が悪くなり、さらに疲れ物質が貯まりやすくなることで、ますますしびれが悪化するという悪循環を引き起こす。しびれの悩みは放っておかず、薬で早めの解決をすることが大切なのだという。

[小売価格]4500円(税込)
[発売日]4月30日(金)

キューサイ=https://corporate.kyusai.co.jp/


このページの先頭へ