健康食品・医薬品

大正製薬、痔疾用薬「プリザS」シリーズから「プリザS坐剤T」をリニューアル発売

2020.12.08 10:01 更新

 大正製薬は、12月7日に、痔疾用薬「プリザS」シリーズから「プリザS坐剤T」をリニューアル発売するとともに、「プリザSクリーム」を発売した。

 「プリザS」シリーズは、炎症を抑えるヒドロコルチゾン酢酸エステルなどを配合し、痔の症状である痛み、出血、はれ、かゆみを緩和する。

 「プリザS坐剤T」は、同社技術によって、従来品を小型化(坐剤比較)することに成功した製品となっている。小型化によって、挿入時に加わる力が従来品に比べて軽減され、するっと挿入しやすくなった。メントール配合でスーッとした使用感の坐剤となっている。

 「プリザSクリーム」は、軟膏剤に比べて伸びが良く、痛む患部にさらっと塗りやすくやさしい使い心地のクリーム剤とのこと。べたつかず、下着などに製剤の油染みがつきにくくなった(油染み(布への油染み比較))。

 痔疾用薬「プリザ」シリーズは、1987年にDDS(ドラッグ・デリバリー・システム)の考えに基づく静止型坐剤の「プリザ」と「プリザS」を発売して以来、1995年には静止型坐剤に血管収縮剤を配合した「プリザエース」を発売するなど、痔疾用薬市場を牽引してきた。

 今後も、同社の技術を活用し、消費者の利便性をより向上させる製品開発に取り組み、市場の活性化に努めていく考え。

[小売価格]
プリザS坐剤T:10個 1456円/20個 2718円/30個 3883円
プリザSクリーム:1748円
(すべて税別)
[発売日]12月7日(月)

大正製薬=https://www.taisho.co.jp/


このページの先頭へ