健康食品・医薬品

日本コカ・コーラ、「肌の潤いを守る」ヒアルロン酸を配合した機能性表示食品「からだ巡茶 モイスティア」を発売、冬の肌の乾燥リスクや美容習慣などおすすめの潤い対策も提案

2020.11.25 20:19 更新

 コカ・コーラシステムは、東洋の健康思想に基づいた“からだの巡り”に着目した「からだ巡茶」ブランドから、日本で初めて、肌の潤いを守るヒアルロン酸を機能性関与成分として配合した機能性表示食品「からだ巡茶 モイスティア」を、12月14日から発売する。11月20日にオンラインで行われた発表会では、「からだ巡茶 モイスティア」の導入背景や製品特長を発表した他、銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生をゲストに迎え、この冬の肌の乾燥リスクやおすすめの美容習慣などについて話を聞いた。

 「『からだ巡茶』とは、2006年に誕生した、東洋の健康思想に基づく体の中からキレイを目指す無糖茶。からだの巡りに着目した東洋素材を配合し、すっきり飲みやすい味わいが特徴になっている。また、スタイリッシュなパッケージデザインも好評を得ている」と、日本コカ・コーラ マーケティング部 ティーカテゴリー 紅茶・機能性茶グループの坂西恵愛マネジャーが、「からだ巡茶」ブランドについて解説。「トクホおよび機能性無糖茶市場は今年も堅調に推移する一方で、約9割は脂肪対策製品となっている」と、脂肪対策製品が市場をけん引していると説く。「しかし、若年女性においては、肌に関する関心が高い」と、女性は気になる健康として肌荒れを上位に挙げる人も少なくないのだという。「特にこれから迎える冬は乾燥しやすい季節。それに加えて今年はマスクの着用頻度もアップし、肌荒れが懸念される」と、今年の冬は女性の肌にとって過酷な環境下にあるのだと指摘する。

 「そこで、当社ではお茶で手軽に肌の潤いをサポートすることを目指した」と、日常的に肌荒れによる悩みを解消する製品として、「からだ巡茶 モイスティア」を12月14日から発売するという。「『からだ巡茶 モイスティア』では、9種の東洋素材に加えて、肌の潤いを守るヒアルロン酸を配合した。また、すっきりウーロン茶ブレンドになっているので、渋みも少なく飲みやすい」と、新製品の特徴について言及した。「開発におけるポイントとしては、100種類以上の茶葉や東洋素材からコンセプトにあった素材を選択。機能性表示食品のお茶で初めて、ヒアルロン酸を使用した。毎日続けられる味わいづくりとし、製品特徴をわかりやすく伝えるネーミングとパッケージデザインを採用した」と、「からだ巡茶 モイスティア」を開発する上で重視したポイントについて教えてくれた。

 「『からだ巡茶 モイスティア』に含まれるヒアルロン酸は、肌、血管、軟骨などに存在する、高い保水能力をもつ高分子化合物。コラーゲンと同様に、スキンケア商品やサプリメントなど美容製品に幅広く使われている。そして、ヒアルロン酸には、皮膚水分量を保持させる働きがあり、乾燥を緩和することが報告されている」と、ヒアルロン酸について詳しく解説。「『からだ巡茶 モイスティア』の発売にともない、大規模なコミュニケーションでトライアルを最大化していく」と、様々な場面で「からだ巡茶 モイスティア」の魅力を訴求していくとのこと。「12月14日に発売となる『からだ巡茶 モイスティア』に期待してほしい」と、本格的な乾燥シーズンに向けて、新製品で女性たちの肌を潤したいとアピールした。

 次に、銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生をゲストに迎えて、「冬におすすめの美容習慣」について語ってもらった。「今年は冬らしい寒さの日が多くなるとされている。気温が低くなる冬は空気中の水分量が少なくなるため、湿度が下がり、そして湿度が下がると、乾燥肌が進みやすい状態になる。さらに、寒い冬には欠かせない暖房の利用で肌への乾燥リスクは一層高まる」と、冬は乾燥リスクが高まる季節なのだと警鐘を鳴らす。また今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の一環で、マスク着用が求められ、例年の冬以上に肌の乾燥リスクが懸念されている。この点について慶田先生は、「マスクを長時間着用していると、表情や口の動きによって肌とマスクが擦れることで、マスクの布に保湿成分が奪われて乾燥しやすくなる。乾燥でバリア機能が壊れた状態は角層の水分が逃げ、さらに汗などの刺激を受けやすくなるという悪循環に陥る」と、マスクの着用でより肌トラブルが起こりやすいのだと注意喚起していた。

 では、マスクの着用で奪われた肌の水分を保持するには、どのようにすればよいのだろうか。「肌にはなによりも保湿が重要となる。保湿ケアは、化粧水だけで済ませたりせずに、水分を保持する働きのあるヒアルロン酸、セラミド、アミノ酸、加水分解コラーゲンといった真の保湿成分を含むモイスチャライザーを取り入れてほしい。効果を得るには、肌がぺたぺたするくらいたっぷり量を塗るのがベスト。肌が十分に潤っていると、バリア機能も正常に働く。また、肌の潤い成分とされるヒアルロン酸、セラミドなどを、肌の表面から取り入れるだけではなく、内側からも摂取することで肌の水分量が高まることがわかってきた」と、肌を保湿するには、肌の表面だけでなく、内側からのケアも有効であると教えてくれた。

 健康的で美しい皮膚と身体のために必要なものとは何なのだろうか。慶田先生は、「生活の5本柱」が欠かせないと説く。「一つ目は、必須アミノ酸を含む良質なタンパク質を摂取するなどバランスのよい食事が大切となる。二つ目は、十分な睡眠で肌再生を促すこと。寝る前は幸せな思い出を反芻しながら、好きな音楽を聴くことをおすすめしたい。三つ目は、‟腸美活”で肌の乾燥を防ぐべく、健やかな腸内環境を目指してほしい。四つ目は、定期的な運動習慣を身に付けるようにしたい。五つ目は、ストレスコントロール。瞑想時間を持つなどしてメンタル的なケアも行ってほしい」と、生活習慣を整えてからだの内側から肌を立て直すことの重要性について語ってくれた。

 最後に「からだ巡茶 モイスティア」について慶田先生は、「味わいは、最後に少しとろみも感じられ、苦味も少なく日常に取り入れやすい飲料であると思った」と、飲みやすかったとのこと。「ボトルもスタイリッシュなので、女性も持ちやすいデザインとなっている」と、鞄の中に入れて、サッと取り出せるようなパッケージだと絶賛していた。「この冬は“巡らせる”が女性にとってキーワードになるのではないかと思っている」と、「からだ巡茶 モイスティア」の発売を機に、健康的な肌には“巡り”が大切と感じる女性が増えるのではないかと予想していた。

[小売価格]149円(税別)
[発売日]12月14日(月)

日本コカ・コーラ=https://www.cocacola.co.jp/


このページの先頭へ