健康食品・医薬品

雪印メグミルク、内臓脂肪を減らす機能性表示食品「ガセリ菌SP株カプセル」をオンラインショップで発売

2020.09.25 19:18 更新

 雪印メグミルクは、「ガセリ菌SP株カプセル」(30日分:90粒)を10月1日から雪印メグミルクダイレクトオンラインショップで販売する(通信販売限定)。

 「ガセリ菌SP株」は、同社独自の乳酸菌で、「ガセリ菌SP株ヨーグルト」シリーズに使用されている。「ガセリ菌SP株」は当初は整腸作用を目的に研究されていたが、研究を進めるなかで内臓脂肪を減らす機能があることがわかり、ヒト試験でも確認された。

 「恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト」は、2015年にヨーグルトで初めて「内臓脂肪を減らす」機能性表示食品として発売。その後2018年に、消費者庁から「内臓脂肪を減らすのを助ける」特定保健用食品(トクホ)として許可された。

 消費者から、サプリメントのように手軽に「ガセリ菌SP株」を摂りたいとの声が寄せられ、商品開発に取り組んだ。特許製法のカプセルでしっかりとコーティングすることで、「ガセリ菌SP株」を生きたまま腸に届けることが可能になった。カプセル3粒に「恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト」と同等の「ガセリ菌SP株」が含まれている。

 内臓脂肪が気になる人、ヨーグルトが苦手な人、外出先でも手軽に摂りたい人におすすめのサプリメントとなっている。

[小売価格]5117円(定期コース:4860円)(税込)
[発売日]10月1日(木)

雪印メグミルク=https://www.meg-snow.com/


このページの先頭へ