健康食品・医薬品

キリンHDとキリンビバレッジ、独自素材「プラズマ乳酸菌」使用の「iMUSE」ブランド6商品を機能性表示食品として発売

2020.09.29 17:49 更新

 キリンホールディングスとキリンビバレッジは、独自素材「Lactococcus lactis strain Plasma(以下、「プラズマ乳酸菌」)」を使用した「iMUSE(イミューズ)」ブランド6商品が、機能性表示食品制度の「健康な人の免疫機能の維持をサポート」に関する表示で、免疫機能で初めて消費者庁に届出受理されたことを受け、これら商品を順次発売する。

 キリンホールディングスからは、サプリメントの「キリン iMUSE professional プラズマ乳酸菌サプリメント」を11月上旬から順次新発売、さらに「キリン iMUSE プラズマ乳酸菌サプリメント」(15日分)を11月11日から、「キリン iMUSE プラズマ乳酸菌サプリメント」(7日分)を11月24日から発売する。キリンビバレッジからは、飲料の「キリン iMUSE ヨーグルトテイスト」、「キリン iMUSE レモン」(果汁1%)、「キリン iMUSE 水」を11月24日から発売する。

 さらに、キリンビバレッジでは「キリン iMUSE ヨーグルトテイスト」、「キリン iMUSE レモン」、「キリン iMUSE 水」を対象商品とした、「続けよう!iMUSEキャンペーン」を11月24日から来年2月28日まで実施する。

 キリングループは、長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027」を策定し、「食から医にわたる領域で価値を創造し、世界のCSV(Creating Shared Valueの略。消費者や社会と共有できる価値の創造)先進企業となる」ことを目指している。その実現に向けて、既存事業の「食領域」(酒類・飲料事業)と「医領域」(医薬事業)に加え、キリングループが長年培ってきた高度な「発酵・バイオ」技術をベースにして、人々の健康に貢献していく「ヘルスサイエンス領域」(ヘルスサイエンス事業)の立ち上げ、育成を進めている。その一つとして、キリングループの35年の免疫研究から生まれた「iMUSE」ブランドをグループ横断で展開し、健康維持に貢献してきた。「iMUSE」ブランドを中心とした「プラズマ乳酸菌」を使用した商品の8月累月販売金額は前年比2倍以上となっており、今年も好調に推移している。

 同社は、免疫機能の機能性表示食品として届出受理された6商品を発売することで、消費者の商品選択時に安心感を提供できると考える。昨今、消費者の体調管理意識が高まる中、サプリメントや飲料など、手に取りやすく健康な人の免疫機能の維持をサポートする商品を展開することで、大きな社会課題の一つである「人々の健康維持」に貢献することを目指す考え。

 「プラズマ乳酸菌」は、健康な人の免疫機能の維持をサポートする乳酸菌とのこと。免疫細胞「プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)」にちなんで名付けられ、キリンホールディングス、小岩井乳業、協和発酵バイオおよび国内外の大学・研究機関と共同でこれまで多くの論文・学会発表を行っている。

 「プラズマ乳酸菌」は、「免疫の司令塔」である「プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)」を活性化する。活性化された司令塔の指示・命令によって、免疫細胞全体が活性化され、外敵に対する防御システムが機能するという。

[小売価格]
キリン iMUSE professional プラズマ乳酸菌サプリメント:2200円
キリン iMUSE プラズマ乳酸菌サプリメント(15日分):1833円
キリン iMUSE プラズマ乳酸菌サプリメント(7日分):905円
キリン iMUSE ヨーグルトテイスト:143円
キリン iMUSE レモン:143円
キリン iMUSE 水:143円
(すべて税別)
[発売日]
キリン iMUSE professional プラズマ乳酸菌サプリメント:11月上旬
キリン iMUSE プラズマ乳酸菌サプリメント」(15日分):11月11日(水)
キリン iMUSE プラズマ乳酸菌サプリメント」(7日分):11月24日(火)
キリン iMUSE ヨーグルトテイスト:11月24日(火)
キリン iMUSE レモン:11月24日(火)
キリン iMUSE 水:11月24日(火)

キリンホールディングス=https://www.kirinholdings.co.jp/
キリンビバレッジ=https://www.kirin.co.jp/products/softdrink/


このページの先頭へ