健康食品・医薬品

日本水産、中性脂肪対策に役立ててほしい機能性表示食品「イマークスティックゼリー」を通販限定で発売

2018.03.19 17:47 更新

 日本水産(以下、ニッスイ)は、中性脂肪対策に役立ててもらいたい機能性表示食品「イマークスティックゼリー」を、ニッスイ通販「海の元気倶楽部」限定で4月1日に発売する。

 健康診断などで中性脂肪の数値が気になっていても、生活習慣を変えるなどの中性脂肪対策はなかなか手につかないもの。一方で、青魚の油に含まれる必須脂肪酸であるEPA・DHAには中性脂肪を低下させる作用があるが、現代の日本人は健康維持が期待できるEPA・DHAの1日の摂取量900mg(参考:JPHC研究 Circulation,2016;113,195-292)の半分ほどの454mg(参考:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」「主な脂質摂取量の50パーセンタイル値(性および年齢階級別)」、平成17年および18年国民健康・栄養調査を基に当社算出)しか摂れていないという。

 ニッスイ「海の元気倶楽部」では中性脂肪が気になる人に向けたEPA商品として、2004年に「イマーク」、2012年に「イマークS」(いずれもドリンクタイプの特定保健用食品)、2016年に「EPA&DHAシームレスカプセル」(機能性表示食品)を発売してきたが、味が好みに合わない、カプセルタイプは飲みにくいといった人に向けて、今回フルーツ味のゼリータイプ「イマークスティックゼリー」を開発したという。果汁を配合したジューシーな味わいのゼリーで、おいしく手軽に中性脂肪対策が可能となるという。

 同品は、中性脂肪を下げる作用のあるEPA・DHAを、2本で860mg含んでいるとのこと。毎日続けてもらうためにおいしさを追求、りんご・グレープフルーツ果汁30%入りのスッキリさわやかなフルーツ味に仕上げた。弾力のあるつるりとした食感が特長となっている。コンパクトなスティックタイプでかさばらず、水なしでいつでもどこでも手軽に楽しむことができる。

 「イマーク スティックゼリー」は、同品2本で中性脂肪を下げる働きのあるEPA600mg・DHA260mgを含んでいるという。りんごの甘味とグレープフルーツの酸味とほろ苦さのバランスが良い、スッキリした味わいとなっている。弾力のあるつるりとした食感とのこと。コンパクトなスティックタイプのゼリーなので、水なしでいつでもどこでも楽しめる。かさばらず、手も汚れないとのこと。1箱30本入り。

[小売価格]4200円(税別、送料別)
[発売日]4月1日(日)

日本水産=http://www.nissui.co.jp


このページの先頭へ