健康食品・医薬品

ロート製薬、女性に大切な栄養素が手軽に摂れる「ダルーラ」スープシリーズを発売

2016.10.28 18:58 更新

 ロート製薬は、厳選したスパイスとコクのある旨味を味わえ、葉酸・鉄・食物繊維などの女性の健康に大切な栄養素を含む、100%オーガニック豆を使った「ダルーラ」スープシリーズ(3品)を11月11日に通信販売(ロート通販)で発売する。温めるだけですぐに食べられるので、忙しさやダイエットを理由に朝食を抜きがちな現代女性にも、手軽に食べられる朝食としておすすめとなっている。気になるカロリーも200kcal以下であり、仕事にプライベートに毎日を忙しく過ごす現代女性の健康づくりを応援する。

 近年、働く女性が増加傾向にあるが(厚生労働省「平成25年版働く女性の実情」の「I 平成25年の働く女性の状況」)、同社の調査によると、現代の20~30代有職女性の朝食欠食率は23.3%と高い傾向にあることがわかった(20代~50 代有職女性(N=183、3月ロート調べ))。実は、20~30代女性の一日のエネルギー摂取量の平均値も厚生労働省が発表する推定エネルギー必要量よりも少なく(厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」の参考表 推定エネルギー必要量18~29歳女性 1950kcal、30~49歳女性 2000kcal)、なんと、戦後(1946年2月時点)の食糧入手が困難だった時代のエネルギー摂取量平均値よりも少ない状況だ(厚生労働省「昭和22年(1947年) 国民栄養の現状」第1表 栄養摂取量(1)都市より エネルギー摂取量平均値1696kcal)。

 そこで同社は、仕事やプライベートで忙しい現代女性に向けて、女性が不足しがちな葉酸・鉄・食物繊維などの栄養素を含んだ100%オーガニック豆を使った「ダルーラ」スープシリーズを発売する。日々の食事として毎日続けられるように、日本人の食生活になじみが深い「豆」を使い、スパイシーながらコクのある旨味を味わえるスープに仕上げた。現代女性の低栄養・朝食欠食率の改善をサポートし、ますます健康に活躍することを応援する。

 「ダル」とはヒンディー語で「豆」を意味し、南アジアでは、ほぼ毎食「ダル」を使った食事が摂られている。なかでも、ダル・スープとは、インドやネパールを始めとした南アジアで味噌汁に例えられるほど、毎食食べられている“ダル(豆)”を使ったスープ料理のこと。毎日美味しく食べながら、必要な栄養素をバランスよく摂れる食文化の知恵として、このダル・スープに着目。日本人の好みに合う旨味のあるスパイシーなスープを開発し、女性らしさを意識して「ダルーラ」と名付けた。

 同品では、女性に大切な栄養素を含んだ2種類の100%オーガニック豆を厳選して採用。JAS(Japanese Agricultural Standard(日本農林規格)の略)-オーガニック認証を受けた100%オーガニックのひよこ豆とレンズ豆を厳選して採用。2種類の豆は葉酸、鉄・食物繊維など、女性の健康に大切な栄養素を含んでいる。しっかり食べたいけれど、カロリーが気になる…。そんな女性にぴったりの低すぎず、高すぎないカロリーに設定(全品200kcal以下)。豆のホクホクした食感とたっぷりの具で、お腹も心も満たす。スパイシーカリー、スパイシーオニオン、ホットジンジャーの3種類のフレーバー展開。2種類の豆との相性を考えたフレーバーとなっている。スパイシーながらも日本人好みの旨味のある味わいに仕上げた。

 「スパイシーカリー」は、手間ひまかけて丁寧に引き出した野菜の甘みと厳選スパイスの濃厚な味わいとなっている。「スパイシーオニオン」は、じっくり炒めた玉ねぎの旨みと香ばしさにスパイスを加えたクセになる味わいとのこと。「ホットジンジャー」は、生姜独自のスパイス感とミルクベースのコクで生まれた深い味わいとなっている。

[小売価格]360円(税別)
[発売日]11月11日(金)

ロート製薬=http://www.rohto.co.jp/


このページの先頭へ