菓子・ドリンク

合同酒精、ご当地チューハイ「NIPPON PREMIUM 愛媛県産愛南ゴールド」を発売

2022.09.24 20:18 更新

 オエノングループの合同酒精は、日本ならではの美味しさが楽しめるご当地シリーズ「NIPPON PREMIUM」に、愛媛県産「愛南ゴールド」の果汁を使用した「愛媛県産愛南ゴールド」を追加し、9月27日から発売する。

 「NIPPON PREMIUM 愛媛県産愛南ゴールド」は、愛媛県愛南町で生産された「愛南ゴールド」の果汁を使用した、爽やかな味わいのご当地チューハイとのこと。

 「愛南ゴールド」は、品種を「河内晩柑」といい、春から夏にかけて収穫される黄色く大きなグレープフルーツに似た外観で「和製グレープフルーツ」とも呼ばれている。味わいは、グレープフルーツよりも苦みが少なく、さっぱりとした甘みと酸味が楽しめる。「河内晩柑」は全国でも、みかんに代表される柑橘類全体の生産量の約1%しか生産されておらず、その中で愛媛県は「河内晩柑」の生産量“日本一”を誇る。「愛南ゴールド」は、その「河内晩柑」のうち、愛南町で栽培されるものの呼称のひとつとのこと。他の地域でも、「河内晩柑」は栽培地域によって、「美生柑(みしょうかん)」「宇和ゴールド」「ジューシーオレンジ」など、さまざまな名称で呼ばれ、ブランド化されている。

 「NIPPON PREMIUM 愛媛県産愛南ゴールド」は、その「愛南ゴールド」のまろやかな酸味と甘酸っぱい風味を活かしながら、低めのアルコール分3%に仕上げることで、本格的な味わいと軽い飲み口の両立を実現させた。

 パッケージは、「日本の景色を伝える」をテーマに、日本の伝統模様である市松模様と日本地図をあしらい、日本らしさとプレミアム感を演出した。表面には、「和製グレープフルーツ」とシンボリックに描き、裏面には、「愛南ゴールド」の生産農家が、「愛南ゴールドのおいしさの秘密」について説明する動画(約3分)のQRコードを掲載している。愛南町の柑橘産業の発展を応援したい同社の想いから、多くの生産農家が出演するこの動画のQRコードを掲載した。

 今回、「愛南ゴールド」と愛南町の魅力を多くの人に知ってもらいたいという同社と愛南町役場の想いから、愛南町で生産された「愛南ゴールド」の果汁を使用したチューハイの商品化が実現した。

 「NIPPON PREMIUM」シリーズは、全国の魅力あるご当地素材を使用し、地域の魅力を伝えるご当地のお酒として豊富なラインアップで展開している。

 ご当地シリーズ「NIPPON PREMIUM」に、愛媛県産「愛南ゴールド」の果汁を使用した「愛媛県産愛南ゴールド」を追加することで、果実の本格的な味わいを求める消費者のニーズに応える考え。

[小売価格]156円(税別)
[発売日]9月27日(火)

オエノングループ=https://www.oenon.jp/


このページの先頭へ