菓子・ドリンク

三菱食品、榮太樓總本鋪との共同開発商品のキャンディ新商品2品と秋冬甘味の代表おしるこ・ぜんざいなど7品を発売

2022.09.06 19:44 更新

 三菱食品は、榮太樓總本鋪と共同で開発したキャンディ新商品2品と、秋冬を代表する甘味おしるこ・ぜんざいなど季節限定商品7品全9品を9月5日からスーパーマーケットをはじめとした全国の店舗で発売する。

 「愛媛県とつくった 温州みかん飴 80g」は、温州みかんの代表的な産地である愛媛県西宇和地域の温暖な気候の傾斜地で、太陽の光をたくさん浴びて大切に育てられた、皮まで美味しい西宇和産温州みかん。果汁を搾った後に捨ててしまうのはもったいないという思いから、果汁搾汁後の果皮パウダーと果皮ペーストを使用し、無香料・無着色で温州みかんの豊かな香り、味わいを丸ごと楽しめる、地球にやさしい飴をつくった。

 榮太樓總本鋪は、市場に普及していない無香料・無着色のフルーツ飴の開発に10年以上前から取組んでいる。2019年に愛媛県産ブラッドオレンジを使用した無香料・無着色の飴を百貨店向けのギフト商品として開発に成功。2020年に愛媛県知事中村様と面談、開発協力をお願いしたところ、みかん果汁搾汁後の果皮の活用法を模索していた愛媛県の取組みと一致。美味しいサステナブル原料に出会ったことで、無香料でもみかんの風味がしっかりと感じられ、また無着色でも自然で綺麗なみかん色の飴を作る事ができた。

 7月13日、榮太樓總本鋪の細田将己副社長と三菱食品の国内商品開発本部の森川博昭本部長が、原料を探すことに協力してくれた愛媛県庁を訪れ、完成した商品の発売を報告したという。

 「有機はちみつ入り プロポリスのど飴 60g(個包装込)」は、山田養蜂場のブラジル産プロポリスエキスを一粒中に5.3mg配合した。山田養蜂場のキューバ産有機蜂蜜と高知県産生姜を使用している。プロポリス特有の風味を蜂蜜と生姜で食べやすく仕立てた飴となっている。

 「ぜんざい 130g」は、北海道産小豆を丁寧にふっくら炊き上げた、小豆本来の味が楽しめるぜんざいとのこと。カップごと電子レンジで温めることができる。

 「杵つき餅ぜんざい 150g(ぜんざい130g、餅20g)」は、杵つき餅の付いたぜんざい。ふっくらと炊きあげた北海道産小豆と、山形県産「ヒメノモチ」を使用した杵つき餅が、相性の良い組合せとなっている。カップごと電子レンジで温めることができる。

 「おしるこ 小倉つぶ 160g」は、北海道産小豆を丁寧に炊きあげ、風味・形をしっかり残しほどよい甘さのおしるこに仕立てた。和菓子屋のおしるこを手軽に家庭で楽しめる。

 「おしるこ 御膳こし 160g」は、手間ひまかけ丁寧に練りあげたこしあんをたっぷり使用し、濃厚な風味でありつつもあっさりとした甘さのおしるこに仕立てた。和菓子屋のおしるこを手軽に家庭で楽しめる。北海道産小豆を使用している。

 「黒みつきなこ葛もち 90g」は、吉野本葛を使用した葛もちは、もっちり柔らかな食感とのこと。沖縄県の黒糖で作った コクのある黒みつを練り込み、香ばしいきなこをまぶした。

 「金のはちみつかりんとう 110g」は、はちみつの上品な風味と甘さが魅力のかりんとう。世界中の蜂蜜の中から厳選した山田養蜂場ブルガリア産「コリアンダー蜂蜜」を使用している。

 「ひとくちようかん はちみつ・黒糖 4本(はちみつ×2本・黒糖×2本)」は、山田養蜂場のはちみつを加えたなめらかなこし餡のはちみつようかんと、沖縄県産 の黒糖を加えたつぶし餡の黒糖ようかんの各2本入となっている。北海道産小豆を使用している。どこからでもカットできる食べやすい仕様だとか。外袋には紙使用量50%以上の素材を使用している。

[小売価格]
愛媛県とつくった 温州みかん飴 80g:200円
有機はちみつ入り プロポリスのど飴 60g:200円
ぜんざい 130g:250円
杵つき餅ぜんざい 150g(ぜんざい130g、餅20g):340円
おしるこ 小倉つぶ 160g:220円
おしるこ 御膳こし 160g:220円
黒みつきなこ葛もち 90g:300円
金のはちみつかりんとう 110g:280円
ひとくちようかん はちみつ・黒糖 4本(はちみつ×2本・黒糖×2本):320円
(すべて税別)
[発売日]9月5日(月)

三菱食品=https://www.mitsubishi-shokuhin.com/
榮太樓總本鋪=https://www.eitaro.com/


このページの先頭へ