菓子・ドリンク

サントリー、「ザ・プレミアム・モルツ CO2削減缶/〈香る〉エール CO2削減缶」を数量限定で発売

2022.09.08 19:55 更新

 サントリーは、「ザ・プレミアム・モルツ CO2削減缶」「同〈香る〉エール CO2削減缶」を9月6日から数量限定で発売した。

 サントリーグループは、水や農作物など自然の恵みに支えられた食品酒類総合企業として、「水と生きる」をステークホルダーとの約束、「人と自然と響きあう」を使命に掲げ、創業以来、持続可能な社会の実現を目指してきた。

 気候変動については、2050年までにバリューチェーン全体で、温室効果ガス(GHG)排出の実質ゼロを目指している。その達成に向け、2030年までにGHG排出量を自社拠点で50%削減(2019年の排出量を基準とする)、バリューチェーン全体で30%削減(2019年の排出量を基準とする)する「環境目標2030」を掲げ、さまざまな取り組みをグローバルに進めている。

 主要な容器・包装については、商品設計から輸送、消費後のリサイクルまで、商品のライフサイクル全体での環境配慮を実践し、ペットボトルにおいては同社独自の「2R+B(Reduce・Recycle+Bio)」戦略や「プラスチック基本方針」に基づき、循環型かつ脱炭素社会の実現に努めている。

 今回、UACJと東洋製罐グループホールディングス(以下、東洋製罐グループ)が共同で製造した、世界初(缶材由来のリサイクルアルミのみを使用し、商用化されたSOT(ステイオンタブ)缶として(2022年7月 東洋製罐グループ、UACJ調べ))のリサイクルアルミ材を100%使用した缶を、同社が「ザ・プレミアム・モルツ」ブランドに数量限定で採用した。リサイクルアルミ材100%使用缶は、通常のアルミ缶(東洋製罐グループがUACJ製のアルミ材を使用して製缶する350ml缶)と比較してCO2排出量を約60%削減することができる。

[小売価格]設定なし

サントリー=https://www.suntory.co.jp/


このページの先頭へ