菓子・ドリンク

森永乳業、「ビフィズス菌 BB536」を使用した「ビヒダス ヨーグルト 4ポット」シリーズ全6種類をリニューアル発売

2022.09.14 18:24 更新

 森永乳業は、「ビフィズス菌 BB536」を使用した「ビヒダス ヨーグルト 4ポット」シリーズ全6種類を、9月12日から順次リニューアル発売する。

 社会的に健康意識が高まる中、糖質制限を普段の食生活へ取り入れるスタイルは拡大傾向にある。このような生活者のニーズを踏まえ、今回「ビヒダス ヨーグルト 4ポット」シリーズ全6種類を低糖質タイプ(「アロエ」「バラエティパック」「ストロベリー+ブルーベリーミックス」「白桃+黄桃」は、同量の「森永アロエヨーグルト 2連」比で38%カット。「プレーン加糖」は、同量の「ビヒダス プレーンヨーグルト 加糖 112g」比で46%カット)へリニューアルする。

 「ビヒダス ヨーグルト 4ポット」シリーズは、一般的なビフィズス菌に比べ酸や酸素に強く、大腸まで到達できる森永乳業独自の「ビフィズス菌 BB536」を使用した、家族で食べられる、小分けタイプの4個パックヨーグルト。今回、おいしさはそのままに、健康価値をさらに高めるべく1カップ当たりの糖質を同社ヨーグルト比で約40%カットした。

 低糖質タイプにリニューアルした「ビヒダス ヨーグルト 4ポット」シリーズを楽しんでもらい、おなかの健康サポートに役立ててほしい考え。

 同社は、「サステナビリティ中長期計画 2030」の「食と健康」において「森永乳業グループならではの、かつ高品質な価値を届けることで、3億人(健康課題に配慮した商品の2021年度~2030年度の延べ販売計画個数等の計画数、および同社提供の健康増進・食育活動への参加見込み人数をリーチ数(人数)として計算)の健康に貢献すること」を掲げ、健康課題に配慮した商品開発を進めている。

 商品特長は、一般的なビフィズス菌に比べ酸や酸素に強く、大腸まで到達できる森永乳業独自の「ビフィズス菌 BB536」を使用した、家族で食べられる、小分けタイプの4個パックヨーグルトとのこと。おいしさはそのままに、健康価値をさらに高めるべく、1カップ当たりの糖質を同社ヨーグルト比で約40%カットした。

[小売価格]250円~260円(税別)
[発売日]9月12日(月)

森永乳業=https://www.morinagamilk.co.jp/


このページの先頭へ