菓子・ドリンク

KNT-CTHD、グラス1杯サイズの日本ワイン飲み比べセット「わいんたび」第一弾の九州編を期間・数量限定で発売

2022.08.23 15:20 更新

 KNT-CTホールディングス(以下、KNT-CT)は、これまでの旅行サービスを中心とした事業に加え、様々な社会課題に着目し、5年後、10年後の新たな価値の創造を目指し、自社のリソースやノウハウ、パートナーネットワークを最大限に活かし、非日常に加え日常生活を含めたさまざまなシーンで“楽しさ”を提供する企業の実現のため、“未来創造事業”として新規事業の開発に取り組んでいる。

 今回未来創造事業の第2弾事業として同社グループで物販事業を展開する近畿日本ツーリスト商事(以下、KNT商事)の新規事業として、昨今注目されている少量サイズの酒類の需要の高まりや、自宅での飲酒機会の増加を受け、日本全国のワイナリーで生産される「日本ワイン」を、試飲にもお土産にも最適なグラス1杯分サイズ(100ml)にし、地域エリアごとの複数のワイナリーの日本ワインをセットにし、飲み比べを楽しめる「わいんたび」を開発、8月17日からECサイト「近畿日本ツーリストe-MARKET」をはじめ、九州エリアの宿泊施設において期間限定・数量限定でテスト販売した。また今後は、Amazonサイト内において販売を予定しているほか、JR博多駅内など販売エリアを順次拡大していく。

 各地に点在する数多くのワイナリーの垣根を超え、エリア内の複数のワイナリーをつなぎ、1つのセット商品の中で複数のワイナリーのワインを一度に楽しめる商品は、旅行会社として地域創生に取り組んできたからこそ実現した。グラス1杯サイズのワインとの出会いによって、お気に入りの日本ワインを見つける楽しみを味わってもらうだけではなく、旅の選択肢が広がり旅行意欲を駆り立てるアイテムになることを目指し商品企画した。同社は、地域への旅行機運醸成、地域創生、観光資源の保持発展へ還元させていくことを目指し、「わいんたび」の全国展開を進めながら、日本のワイナリーをつなぐ「ワインプラットフォーム」の実現を目指している。

 第一弾「九州編」では、福岡、大分、宮崎の3県から5つのワイナリーに参画してもらい、各生産者がお薦めするワインを3県セットにしている。

[小売価格]1980円~3900円(税込)
[発売日]8月17日(水)

KNT-CTホールディングス=https://www.kntcthd.co.jp/


このページの先頭へ