菓子・ドリンク

モスバーガー、「モスのレーズンシェイク 鎌倉小川軒監修」を地域・数量限定で発売

2022.01.22 16:15 更新

 モスバーガーを展開するモスフードサービスは、2月3日から東京都、神奈川県内のモスバーガー242店舗(一部店舗除く)において、ケイワンが製造する鎌倉小川軒の「レーズンウィッチ」をイメージした「モスのレーズンシェイク 鎌倉小川軒監修」を地域・数量限定で発売する。

 これまで同社では、ご当地シェイクシリーズとして、地域の果物などを使用し、一次産業(原材料)とのコラボレーションを行ってきたが、今回は初めての試みとして、地域の二次産業(商品)とコラボレーションをする。神奈川県鎌倉市に拠点を置く鎌倉小川軒「レーズンウィッチ」をイメージしたシェイクを販売することで、コロナ禍で観光需要が減少した地域産業の活性化およびモスバーガー店舗の地域密着活動を盛り上げていく考え。

 鎌倉小川軒は、鎌倉市を中心に展開するお菓子店とのこと。30年以上にわたって地域の人々に愛されており、なかでも「レーズンウィッチ」は「サクサク食感のサブレ」「ふっくらと煮上げてたっぷりとサンドされたレーズン」「口どけのよいなめらかなバタークリーム」が絶妙なバランスでマッチした、鎌倉小川軒を代表する逸品となっている。今回は、「モスシェイク バニラ」に鎌倉小川軒の「レーズンウィッチ」をイメージしたレーズンクリームソースと鎌倉ビスケ(アーモンド)を合わせた、モスオリジナルの贅沢なシェイクに仕上げた。鎌倉土産としてだけでなく、地元で長年愛されてきたこだわりの「レーズンウィッチ」と「モスシェイク バニラ」のコラボレーションをこの機会に楽しんでほしいという。

[小売価格]450円
[発売日]2月3日(木)

モスバーガー=https://www.mos.jp/


このページの先頭へ