菓子・ドリンク

合同酒精、「オールド チョイス ブレンデッド スコッチウイスキー」を発売

2022.01.14 17:17 更新

 オエノングループの合同酒精は、バーディネ社のスコッチウイスキー「オールド チョイス ブレンデッド スコッチウイスキー」を、1月25日に発売する。

 「オールド チョイス ブレンデッド スコッチウイスキー」は、上品なモルトの香りとバニラやチョコレートを思わせる豊かなアロマ、心地良い余韻が楽しめるスコッチウイスキーとのこと。スコットランドのハイランド地区とスペイサイド地区のモルトウイスキー原酒と、ローランド地区のグレーンウイスキー原酒を使用し、優れたブレンダーの技術によって、多彩な原酒を最良の組み合わせでブレンドすることで、繊細さと優雅さが感じられる味わいに仕上げている。

 ピュアで奥深い味わいは、ストレートやロックの他、ハイボールやカクテルなどさまざまな飲み方を楽しむことができ、特に生ハムとの相性は抜群だとか。

 ラベルには、「OLD CHOICE」と中央に大きく配し、下部にはスコットランドの伝統的な織物のタータンチェックをデザインした。

 バーディネ社は、ラム、リキュール、ウイスキー、ブランデー、ワインなどを扱うフランスの大手生産者とのこと。バーディネ社がスコットランドに所有する蒸留所では、樽のリサイクルや副産物の有効活用、水やエネルギー消費量の削減など、環境に配慮した取り組みを行っている。

 今回、ピュアで奥深い味わいが楽しめる「オールド チョイス ブレンデッド スコッチウイスキー」を発売することで、さまざまな飲み方でウイスキーを楽しみたい消費者のニーズに応えるとしている。

[小売価格]2500円(税別)
[発売日]1月25日(火)

オエノングループ=https://www.oenon.jp


このページの先頭へ