菓子・ドリンク

キリン、クラフトビール「SPRING VALLEY 豊潤<496>」が絶好調、美味しさを確信に変える食べ合わせ提案も

2021.09.09 21:35 更新

 キリンビールは、3月に発売したクラフトビールの新ブランドである「SPRING VALLEY 豊潤<496>」が、年間販売目標である160万ケースに対し現時点で約6割にあたる90万ケース(大びん換算)を突破するなど、好調に推移しているという。そこで、クラフトビール「SPRING VALLEY 豊潤<496>」の理解を深めて、こだわり抜いた美味しさを実感してもらうべく、「スプリングバレーがクラフトビール市場を牽引へ 体験会」を9月7日にオンラインで開催した。体験会では、クラフトビール市場全体の盛り上がりと「SPRING VALLEY 豊潤<496>」の人気の理由を説明した他、クラフトビール「SPRING VALLEY 豊潤<496>」の美味しさを確信に変え、この秋を堪能する食べ合わせについて紹介した。

 「クラフトビールを通じて、日本に新たなビール文化を創造するべく、日本のビールの“おいしさ”の選択幅を広げ 、一人でも多くの消費者にビールを好きになってもらいたいという想いから、クラフトビールで、消費者の求める高付加価値を提供し、ビール類市場を魅力化・活性化していく」と、キリンビール 事業創造部の間木研吾スプリングバレーブランドマネージャーがクラフトビールで目指す未来について言及。「一番搾り・本麒麟に次ぐ3本目の柱として、今年3月、『SPRING VALLEY 豊潤<496>』を新発売した」と、ビールカテゴリー事業の根幹をなすブランドとして満を持して上市したという。「『SPRING VALLEY 豊潤<496>』を発売してから約半年で、年間販売目標160万ケースの約6割となる90万ケースを突破。当社のクラフトビール缶事業、1~8月累計で前年比1400%超を達成している」と、多くの消費者から支持を得ているのだと強調する。

 「好調な要因として、継続する自宅飲用機会の増加から、ビール類に“おいしさ”“質”を求める傾向がさらに顕著になっている。また、ビールカテゴリーの中で、クラフトビールの好意上昇度がNo.1となっていることも追い風で、6割以上が“過去よりよく飲むようになった”と答えている」と、おうち時間の増加やビール類の中で最も注目されているクラフトビールの飲用量が増加しているのだと訴える。「飲用体験した消費者の6割超が“クラフトビールが一番好き”と回答。おいしさやこだわりを求める人が増加していることもわかった」と、クラフトビールは地ビールから美味しいという印象に変化してきていると力説する。「これを裏付けるように、クラフトビール市場は、前年比180%と大きく伸長。『SPRING VALLEY 豊潤<496>』が売上の約半数を占め、市場を拡大している」と、「SPRING VALLEY 豊潤<496>」がクラフトビール市場をメジャーに押し上げる存在になっていると紹介した。

 「当社の調査によると、約8割が、『SPRING VALLEY 豊潤<496>』が“クラフトビールに出会う(よく飲むようになる)きっかけになった”と回答。約9割の人が『SPRING VALLEY 豊潤<496>』をきっかけに、“クラフトビールに興味が出た”と答えていた。さらに『SPRING VALLEY 豊潤<496>』を飲んで、ビールに対する考え方/価値観が変わった人が、約7割に達した。また最近飲んだビールの中で『SPRING VALLEY 豊潤<496>』が一番おいしいと思った人が、約7割となった」と、多くの消費者に美味しいビールと思ってもらえていることが好調の要因であると語る。「そこで、当社ではクラフトビール『SPRING VALLEY 豊潤<496>』を通じて、“新しいビールのおいしさで、新たなビール文化を作りたい”と考えている」と、同社のクラフトマンシップの最高峰として打ち出していくと強調する。「まず、クラフトビール市場を1.5倍に拡大させ、価値を提供しながら、ビール市場の魅力化・活性化を大きく進める」と、“美味しさを通じて”喜びを拡げ、ビール類市場を魅力化していくとアピールした。

 次に、この秋、クラフトビールのおいしさを確信に変える楽しみ方として、キリンビールの田山智広マスターブリュワーと同 事業創造部の吉野桜子主務が、クラフトビール「SPRING VALLEY 豊潤<496>」との食べ合わせ提案を行った。「1870年ウィリアム・コープランドによって横浜の山手につくられた、『スプリングバレー・ブルワリー』は 、日本で最初に商業的に成功し、日本のビール産業の礎になったといわれている。その土地を引き継いだのがジャパン・ブルワリー・カンパニーで、後のキリンビールとなる」と、スプリングバレー・ブルワリーの歴史について吉野主務が解説。

 「コープランドは、日本人においしいと思ってもらえるビールを造り広めるため、当時最新かつ困難なドイツ風ビールの製造や、日本で最初のビアガーデンの創立などを成し遂げた。当社が受け継いだ、その先駆性や品質本位、美味しさへのこだわりを体現したのが、現在の『SPRING VALLEY』ブランドとなる」と、志を受け継いで今日に至るとのこと。「『SPRING VALLEY 豊潤<496>』の発売までには、2011年にSPRING VALLEYプロジェクトが始動。同年GRAND KIRINでディップホップ製法を用いた商品を初上市した。2012年にはSPRING VALLEYプロジェクトを本格化。2014年に496プロトタイプ発売。消費者との共創で完成した。2015年にはSPRING VALLEY BREWERYをオープンし496を発売。そして2020年に数多くの店舗/DRINX限定品を通じて技術・知見を磨いた」と、構想10年を経て「SPRING VALLEY 豊潤<496>」が完成したのだと力説する。

 「『SPRING VALLEY 豊潤<496>』でたどり着いたのは、日本のビールの飲みやすいおいしさと、クラフトビールの豊潤さを両立し、幅広いビール好きから支持されるビールをIPLスタイルで造ることだった」と、田山マスターブリュワー。「そこで今回、『SPRING VALLEY 豊潤<496>』との1週間食べ合わせセットを提案することにした」とのこと。

 「7種のおつまみを提案。それを各曜日に当てはめて、毎日『SPRING VALLEY 豊潤<496>』を楽しんでもらいたいと思っている」と、月曜日は「いぶりがっこと チーズのオイル漬け」、火曜日は「チーズインスナック」、水曜日は「鶏ぼんじり直火焼き」、木曜日は「厚切りベーコンのハニーマスタード味」、金曜日は「アーモンドカシューナッツ」、土曜日は「プレミアムほぐしコンビーフ(粗挽き黒胡椒味)」、日曜日は「牛タンのデミグラスソース煮」を紹介してくれた。

 「『いぶりがっことチーズのオイル漬け』では、『SPRING VALLEY 豊潤<496>』がローストした麦芽を使っているので、ローストしたものや燻製との相性は抜群となっている」と、似た者同士でお互いを引き立てるのだという。「『SPRING VALLEY 豊潤<496>』は、原材料も手間も一切手加減なしで作られており、『キリンラガービール』の1.5倍の麦芽を使用。淡色麦芽とローストした麦芽の組み合わせとなっている」と、「いぶりがっことチーズのオイル漬け」との相性の良さは、「SPRING VALLEY 豊潤<496>」の作り方に隠されているのだと教えてくれた。

 「『厚切りベーコンのハニーマスタード味』では、『SPRING VALLEY 豊潤<496>』がふわとろッとした泡が特長なので、こってりした味わいが泡によく合う。さらにビールの苦味と甘味に、ハニーマスタードのスパイシーさが相まってより美味しく楽しめる」と、相性の良さについて語る。「『SPRING VALLEY 豊潤<496>』では、4品種のホップを組み合わせた。世界に多数あるホップの中から選び抜いた4種類を、『ディップホップ製法』を使用し、7日間漬け込む。ホップのもつ“苦み”と“香り”のジレンマを解消し、爽やかな香りと、後口のスムーズさを両立させ好ましい香気だけを付与することを可能にした」と、世界に先駆けたイノベーションを駆使して作られているからこそ、苦味の良さや有難さが際立つのだと述べていた。

 「『プレミアムほぐしコンビーフ(粗挽き黒胡椒味)』では、黒胡椒味が『SPRING VALLEY 豊潤<496>』の味わいを引き立ててくれる」と、また飲みたくなってしまう組み合わせだと力説する。「『SPRING VALLEY 豊潤<496>』はベストバランスに仕上げたビールで、10人飲んだら、10人とも美味しいと思ってもらえるように作った」と、誰もが美味しいと思ってもらえるクラフトビールなのだと訴えた。

 「SPRING VALLEY 豊潤<496>」は、きめ細やかなふわとろの泡と、口に広がる麦のうまみ、豊潤なのに綺麗な後味が特長とのこと。麦芽は「キリンラガービール」の約1.5倍使用し、ホップは4品種を組み合わせるなど素材にこだわり、ディップホップ製法を採用することで、苦味は抑えながら豊潤な香りを実現した。

 パッケージは、味わいの深さと高級感を感じさせるワインレッド×ゴールドで、ビールとしての王道感・正統感と、クラフトビールとしての新奇性を両立したデザインとなっている。1870年設立の「スプリングバレー・ブルワリー」に着想を得て現代化したデザインに仕上げた。

[小売価格]
350ml:248円
500ml:330円
(すべて税別)
[発売中]

キリン=https://www.kirin.co.jp/


このページの先頭へ