菓子・ドリンク

明治、低栄養という社会的問題の解決に貢献する「明治 TANPACT ギリシャヨーグルト バニラ風味」を発売

2021.07.30 12:42 更新

 明治は、たんぱく質摂取量の低下が一因と考えられる低栄養といった社会的問題の解決に貢献することを目指し、さまざまなシーンで乳由来のたんぱく質を手軽に摂取することができる「TANPACT(タンパクト)」ブランドから、「明治 TANPACT ギリシャヨーグルト バニラ風味」を、8月3日から発売する。

 日本人の1人1日当たりのたんぱく質摂取量は1950年代と同水準に低下している(「国民栄養の現状」「国民栄養調査」「国民健康・栄養調査」(厚生省/厚生労働省)から)。この背景として、女性の過度なダイエットなどによる摂取不足の可能性や、高齢者の活動量の低下・少食による摂取不足の可能性が考えられている。このような環境において、当同社は、たんぱく質を手軽に、おいしく、とりやすい環境を整え、現代の低栄養という社会的問題の解決に貢献するべく、「TANPACT」ブランドを昨年3月から展開している。

 同商品は、吸収されやすい“乳たんぱく質”を1個当たり10g配合し、毎日続けて食べやすい脂肪0タイプのギリシャヨーグルトとのこと。また、ヨーグルトユーザーが、好きなフレーバーとして人気が拡大している(同社調べ)バニラ風味に仕立てている。

 同商品の発売を通じて、低栄養という社会的問題の解決に貢献することで、健康で安心して暮らせる“持続可能な社会の実現”を目指した「TANPACT」ブランドのさらなる浸透と、ヨーグルト市場の活性化を図っていく考え。

[小売価格]151円(税込)
[発売日]8月3日(火)

明治=https://www.meiji.co.jp/


このページの先頭へ