菓子・ドリンク

キリンビバレッジと銀座コージーコーナー、「スフレワッフル(午後の紅茶 ミルクティー)」を銀座コージーコーナー店舗で期間限定発売

2021.06.10 16:58 更新

 キリンビバレッジと銀座コージーコーナーは、「キリン 午後の紅茶 ミルクティー」と「銀座コージーコーナー スフレワッフル」のコラボレーションによって、「スフレワッフル(午後の紅茶 ミルクティー)」を共同開発し、7月1日から全国の銀座コージーコーナー生ケーキ取り扱い店舗で期間限定発売する(一部量販店などでも取り扱い予定)。

 これまでも「午後の紅茶」と「銀座コージーコーナー」のコラボレーション商品として、2019年6月「ジャンボシュークリーム(午後の紅茶 ストレートティー)」を、昨年7月「チーズスフレ(午後の紅茶 レモンティー)」を発売した。ロングセラーブランド同士のコラボレーションが話題となり、両ブランドのもつ“おいしさ”がそのまま表現されていると消費者から好評を得たという。

 今回発売する「スフレワッフル(午後の紅茶 ミルクティー)」は、両社のコラボレーション第3弾で、「午後の紅茶 ミルクティー」の紅茶葉の豊かな香りとミルクの濃厚な味わいを、「銀座コージーコーナー スフレワッフル」で表現した。ワッフル生地のしっとり感とふんわり食感がともに広がり、ミルクティーの味わいが楽しめるスフレワッフルとなっている。

 キリンビバレッジと銀座コージーコーナーは、今回のコラボレーションを通して、夏のティータイムにぴったりな商品を届けることで、暑い日にも心軽やかになることを目指すとしている。

 開発については、ワッフル生地にサンドする2種のクリームで、「午後の紅茶 ミルクティー」を飲んだ時に広がる、紅茶葉の豊かな香りとミルクの濃厚な味わいを再現するため、両社で試作を重ねた。

 “紅茶カスタード”は、微粉砕した紅茶葉と紅茶エキスパウダーを練りこみ、紅茶の豊かな香りと心地よい渋みを表現した。“練乳クリーム”は、ミルクの濃厚な味わいをもたせつつ、暑い日でも食べやすいようにスッキリとした後味に仕立てた。

 パッケージデザインは、それぞれのブランドのデザインを生かし「午後の紅茶 ミルクティー」らしさと「銀座コージーコーナー スフレワッフル」らしさを分かりやすく表現した。パッケージからも、コラボレーションによる相乗効果が伝わる爽やかなデザインになっている。

 ターゲットは、30~40代女性とその家族で、日ごろから「午後の紅茶」と「スフレワッフル」ブランドを支持している購買層の人を想定している。

[小売価格]216円(税込)
[発売日]7月1日(木)
※一部量販店で6月25日(金)から先行販売

キリンビバレッジ=https://kirinproducts.jp/softdrink/
銀座コージーコーナー=https://www.cozycorner.co.jp/


このページの先頭へ