菓子・ドリンク

サントリーワイン、「氷と楽しむおいしいワイン。(酸化防止剤無添加)ベリー&フルーツMIX 赤」など夏向けワイン商品を提案、料理とのペアリングも紹介

2021.06.17 19:18 更新

 おうちで食事やお酒を楽しむ機会が多くなる中で、新たにワインを飲む消費者も増えているという。そこで、サントリーワインでは、6月16日に夏向けのワイン製品(サマーワイン)の説明会をオンラインで開催した。説明会では、ワインをよりカジュアルに楽しむサマーワインについて、ラインアップや楽しみ方を提案。さらに料理とのペアリングも紹介してくれた。

 「夏場のワイン飲用が拡大している」と、サントリーワインインターナショナル 輸入・カジュアルワイン事業部の椎木絵理課長。「こうした消費行動に対応するべく、新需要創造の強化に向けてワインの魅力を提案。夏向けワイン(サマーワイン)商品を2016年から展開している」と、夏場に特化したワインを販売することで、これまでワインを飲んでいなかった消費者にアプローチしているのだという。「こうした取り組みが奏功し、昨年の家庭用ワイン市場は好調に推移。特に、若年層と40~50代において、間口が拡大に転じた」と、ワイン消費が高くない年代にも、ワインが選ばれるようになってきていると語る。「さらに、消費者から寄せられた声に耳を傾けると、食中だけでなく食後にもワインを愉しむ消費者が増えている」と、ワインの飲み方も多様性が見られるようになったと話していた。

 「ワイン需要の高まりをさらに加速させるべく、当社では氷を入れて楽しむ『氷専用ワイン』、気楽に楽しめる『スパークリング』、手軽に楽しめる『ワインサワー/缶ワイン』を上市。ワインへの思い込みを取り払い、夏の飲用シーンも拡大していく」と、消費者それぞれが自由にワインを楽しんでもらえる商品をラインアップすると訴える。「『氷と楽しむおいしいワイン(酸化防止無添加)』は、若年層に氷で飲むスタイルが支持されていることから発売した商品となっている」とのこと。「特に夏でもすっきり飲みやすい赤ワインに対するニーズが高く、昨年の夏場は白ワインに対して1.3倍増の売上を記録した」と、赤ワインを冷やして飲むという需要が予想以上に高いのだと力説する。「そこで、今年は、様々なフルーツをブレンドした爽やかな味わいの『氷と楽しむおいしいワイン。(酸化防止剤無添加)ベリー&フルーツMIX/トロピカルフルーツMIX』を5月29日に発売した。ターゲットはワイン初心者や20~40代女性を想定している」と、「氷と楽しむおいしいワイン。(酸化防止剤無添加)」から新たなフレーバーを販売したのだという。「赤ワインは、ラズベリー、カシス、レモンの甘酸っぱい爽やかな味わいで、白ワインは、昨年好調だったパイナップル、グレープフルーツ、オレンジの爽やかでフルーティな味わいとなっている」と、赤ワインは今年新たに、白ワインはブラッシュアップして販売したのだと説明する。「赤ワインは、ピンクを主体とした赤色よりも軽いデザインで様々なフルーツ果汁をイメージできるネーミングとした。白ワインは、黄色を主体としたデザインで、ブレンドしているフルーツ果汁のイメージもできるネーミングとなっている」と、味わいが想起しやすいデザインやネーミングになっていると教えてくれた。

 「今年2月16日に発売した『サントリーワインサワー350ml缶』は、厳選したワインを炭酸水で割り、レモンをひと搾り加えた、爽やかな甘くない味わいで、忙しい日常の中でも、ワインのある生活を楽しめるニュースタイルワインとなっている」と、ワインをもっと気軽に楽しむ商品として発売したとのこと。「発売以来、他のワインに比べて、より多くの若年層を獲得。ワインという言葉が持つ高級感や、高級感とカジュアルさの掛け算が新鮮との評価を得ている。さらに、レモンひと搾りがRTDを飲む消費者の嗜好にマッチした」と、若年層に高い支持を得ている理由について見解を示した。「調査によると、ワインサワーは“飲みやすそう”、“すっきり”、“気軽”、“爽快な気分”といったイメージが持たれている。ワインでありながら“すっきり爽快に飲める”という夏場にぴったりな価値を訴求していく」と、夏の気楽なワインライフを提案する商品としてアピールしていくと意気込んだ。

 「瓶入りスパークリングワインは、お洒落で、テンションも上がり、飲み心地がよく、食事に合うというメリットがある一方で、持ち運びにくい、コルクを開けるのが怖い、グラスを用意するのが面倒、飲み切れないといった声も聞かれる。そこで当社では缶で飲むスパークリングワイン『ボッリチーニ』を提案する」と、持ち運び簡単で、開けやすくグラス不要な、少人数でも飲み切れる商品を上市しているのだと、同 輸入・カジュアルワイン事業部の阪本琢哉課長。

 「『ボッリチーニ』は、世界No.1(Nielsen data 52week アメリカ国内販売金額)ヘンケルフレシネグループが手掛ける本格スパークリングワインで、世界で人気のプロセッコで使用される品種『グレラ』などイタリア品種を中心に作られている」と、本格的な味わいの商品なのだと教えてくれた。「容量は、グラス2~3杯分の飲み切りサイズで、いつでもフレッシュな、開けたての泡立ちが楽しめる」と、一人で飲み切れてしまうサイズなのだと説明する。「米国内での輸入缶スパークリングワイン販売金額No.1で、米国でも若年増を中心にヒットしている」と、米国で話題のスパークリングワインなのだと語っていた。

 同 企画部 スペシャリストの柳原亮シニアソムリエは、サマーワインとコンビニメニューのマリアージュについて提案してくれた。「『氷と楽しむおいしいワイン。(酸化防止剤無添加)ベリー&フルーツMIX/トロピカルフルーツMIX』、『サントリーワインサワー350ml缶 赤/白』、『ボッリチーニ 白/ロゼ』に合う料理をコンビニエンスストアに行って探してみた。その結果、『氷と楽しむおいしいワイン。(酸化防止剤無添加)ベリー&フルーツMIX/トロピカルフルーツMIX』には、フルーツフレーバーで適度な甘さがあり、冷え冷えの温度で楽しむことをポイントに様々なコンビニメニューを試したところ、カレーがおすすめであることがわかった」と、意外なメニューとの相性が良かったという。「『氷と楽しむおいしいワイン。(酸化防止剤無添加)ベリー&フルーツMIX/トロピカルフルーツMIX』の適度な甘さがカレーのピリッとする辛さに負けない点や、フルーツ風味がスパイスと相性が良く、冷たさが口の中の熱さを和らげてくれる」とのこと。「白はココナッツミルク使用のアジアンスタイル。赤はお肉を煮込んだトラディショナルカレーが合う」と、夏の定番料理カレーと「氷と楽しむおいしいワイン。(酸化防止剤無添加)ベリー&フルーツMIX/トロピカルフルーツMIX」とのマリアージュを楽しんでほしいと話していた。「その他、白は、ガパオライス、ヤムウンセン。赤は、角煮、チーズケーキがおすすめ」と、エスニックなメニューや中華、デザートとの相性も抜群だと教えてくれた。

 「『サントリーワインサワー350ml缶』には、爽快な泡立ち、レモンの爽やかな後口、飲み口の良いアルコール5.5%をポイントにメニューを選んでみたところ、お好み焼きとの相性が良かった。爽快な泡立ちとレモンの爽やかな後口が油をスッキリさせてくれる。赤はソースと好相性で、白は海鮮系の具材と合う」と、赤はお好み焼きやソース味の焼きそば、白はねぎ焼きやたこ焼きがおすすめだと語っていた。「その他、白は鶏のから揚げ、バンバンジー。赤は餃子、カツサンドがおすすめ」と、脂っこい料理との相性が良いと述べていた。

 「『ボッリチーニ』は、フレッシュ&フルーティで、しっかりとしたイタリアンワインとなっている。相性の幅を広げるやさしい甘さがポイントになることから、イタリアンの定番であるピザをおすすめの食べ物として提案する。フレッシュ&フルーティな味わいなので、素材の味をしっかり活かしてくれる。イタリアンワインにピザという同郷同士の安心の合わせ方な他、やさしい甘さが合わせた時の満足度もしっかり味わえる」とのこと。「白はチーズソースやホワイトソースに最適で、ロゼはサラミやハム系との相性が良い」と、具材やソースで白やロゼを飲み分けるのもおすすめだと語っていた。「その他、白は枝豆やサーモンのマリネ。ロゼはトマトソースパスタや点心との相性が抜群だった」と、おつまみなどとの相性が高いと話していた。

 なお、「氷と楽しむおいしいワイン。(酸化防止剤無添加)ベリー&フルーツMIX/トロピカルフルーツMIX」、「サントリーワインサワー350ml缶」、「ボッリチーニ」の他にも、「雫音(しずね)」などの“サマーワイン”を発売し、夏に向けて新たな需要の創造に取り組んでいる。

 「カルロ ロッシ ICE スパークリング レモン イン レモン」は、「カルロ ロッシ」のフレッシュ&フルーティな味わいとレモンの風味に、地中海沿岸産のレモン果汁を加えた。また、酸味と甘味のバランスを整え、アルコール度数を8%におさえることで、気軽に楽しめる味わいに仕上げた。氷を入れたグラスに注いでも、冷やしてボトル缶のままでも、シュワッと爽快なおいしさが楽しめる。パッケージは、白を基調に青色の「ICE SPARKLING」の文字を配し、店頭での視認性を高め、中味の特長や飲み方を訴求している。

 「雫音(しずね) シークヮーサー」の中味は白ワインに100%沖縄県産のシークヮーサー果汁をブレンドし、清涼感ある香りと酸味に加え、ほのかに感じる果実の苦みが特長となっている。パッケージは、シークヮーサーのイラストで中味の特長を表現し、暑い夏に清涼感を感じてもらえるよう、青色の文字やラインをあしらった。

 「モマンドール アイスレモン」は、爽やかなレモンを思わせる酸味と、白ぶどうのフルーティな果実味のバランスのよさが特長のスパークリングワインとのこと。特に酸味を引き立たせることで、食事との相性ピッタリに仕上げた。パッケージは、店頭での視認性を高める濃い黄色のラベルと、冷たさを感じる霜のような表面加工をした、すりガラスのフロスティ瓶を使用し、中味の特長を訴求している。

[小売価格]
氷と楽しむおいしいワイン。(酸化防止剤無添加)ベリー&フルーツMIX 赤:520円
氷と楽しむおいしいワイン。(酸化防止剤無添加)トロピカルフルーツMIX 白:520円
サントリーワインサワー350ml缶 赤・白:各160円
ボッリチーニ 白・ロゼ:430円
カルロ ロッシ ICE スパークリング レモン イン レモン:オープン価格
雫音(しずね) シークヮーサー:オープン価格
モマンドール アイスレモン:オープン価格
(すべて税別)
[発売中]
※「雫音(しずね) シークヮーサー」と「モマンドール アイスレモン」は6月22日(火)発売

サントリーワインインターナショナル=https://www.suntory.co.jp/wine/


このページの先頭へ