菓子・ドリンク

アサヒビール、特別限定醸造「アサヒ富士山」をイオングループの酒取扱店で発売

2021.04.05 19:54 更新

 アサヒビールは、国産原料100%のプレミアムエール「アサヒ富士山」を特別限定醸造し、全国のイオングループの酒取扱店において、4月6日から数量限定で発売する。

 「アサヒ富士山」は、国産麦芽、国産ホップ、富士山の伏流水で育った米だけを厳選して使用した、国産原料100%のジャパニーズプレミアムエールとのこと。醸造工程で使用する酵母には、華やかな香りが特長の上面発酵酵母を採用し、まろやかな口あたりを楽しむことができる。厳選した国産原料の個性を最大限引き出し、“力強いコク”と“後キレの良い苦み”を実現することで、飲みごたえがありながらも飽きのこない味わいに仕上げた。

 パッケージは、昨年発売した葛飾北斎の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」のデザインが好評だったことから今年も浮世絵を採用し、歌川広重の「東海道五拾三次之内 由井 薩埵嶺」をデザインした。商品名である「富士山」を金色の文字で大きく配するとともに、“国産原料100%”と“日本のプレミアムエール”という文言を記載することで、商品の特長を訴求している。

 同商品は、イオングループとの共同開発商品として、2019年4月と2020年7月に数量限定で発売した。エールビールでありながらもすっきり飲みやすい味わいや特長のあるパッケージが好評を得て、これまでの累計出荷本数は355万本となった。今年も継続して発売することで、話題喚起とビール市場の活性化を図り、“期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造”を目指す考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]4月6日(火)

アサヒビール=http://www.asahibeer.co.jp/


このページの先頭へ