菓子・ドリンク

日本コカ・コーラ、欧州のカフェブランド「コスタコーヒー」のPETボトルコーヒー「コスタ ブラック」と「コスタ カフェラテ」を発売

2021.04.07 19:17 更新

 コカ・コーラシステムは、ヨーロッパ最大(2019年ユーロモニター調べ 店舗数ベース)のカフェブランド「コスタコーヒー」のPETボトルコーヒー「コスタ ブラック」、「コスタ カフェラテ」を4月26日から発売する(4月12日から一部流通先行発売)。4月5日に行われた新商品発表会では、同社のコーヒーカテゴリ戦略ならびにカフェブランド「コスタコーヒー」や新商品に関する概要について説明した。

 「当社は、トータルビバレッジカンパニーとして、あらゆる製品で消費者の喉を潤すことをミッションに事業を展開している」と、日本コカ・コーラのホルヘ・ガルドゥニョ社長が挨拶。「日本人は、様々な場面でコーヒーを楽しんでいる。そんな日本の消費者に向けて、RTD(容器入り)のジョージアブランドの他に新たなブランドを展開する」と、コーヒーカテゴリに新たなブランドの製品を投入することで、あらゆる消費者を満足させるのだと意気込む。「今回、本格展開する『コスタコーヒー』ブランドは、欧州で最も支持されているカフェブランド。この『コスタコーヒー』ブランドを日本向けにアレンジしてPETボトルコーヒー製品として全国展開する」と、欧州No.1カフェブランドで日本のコーヒー市場を活性化させると力説する。「新たに『コスタコーヒー』ブランドを加えることで、幅広い消費者にアプローチできるとともに、舌の肥えた消費者を満足させることができると考えている」と、「コスタコーヒー」で新たなコーヒーユーザーの獲得を目指していきたい考えを示した。

 次に同 マーケティング本部 バイスプレジデントの和佐高志最高マーケティング責任者が同社のコーヒーカテゴリ戦略について説明した。「日本のコーヒー市場は、RTD(容器入り)コーヒーとNRTD(手淹れ他)コーヒーを合わせて約3兆円の市場を誇る」と、コーヒー市場規模について言及。「昨年のコーヒー市場を振り返ると、在宅時間の長期化でNRTD消費が増加。以前にも増して様々なコーヒーの楽しみ方が求められる時代となった」と、RTDコーヒーや喫茶代が伸び悩む中、NRTDコーヒーは前年を上回る110%で推移したと振り返る。「当社における昨年のコーヒーカテゴリの売上は、ジョージアがシェアNo.1を維持し、金額シェアを拡大させた」と、RTDコーヒーが苦戦する中、ジョージアは前年を上回るシェアで着地できたと訴える。「一方で、コーヒー消費者インサイトは、異なるフォーマットでの飲用、多岐にわたるニーズが顕著になった」と、RTDコーヒー飲用者、RTD/NRTDコーヒー併用者、NRTDコーヒー飲用者に分けられるのだと指摘する。

 「そこで、RTD/NRTDコーヒー併用者やNRTDコーヒー飲用者を取り込むべく、欧州最大のカフェブランド『コスタコーヒー』を本格展開する」と、異なる飲用目的・シーンを捉えてコーヒー市場の拡大・活性化を図るべく、「コスタコーヒー」を全国展開するのだと意気込む。「『コスタコーヒー』は、長い歴史と経験に基づくコーヒー好きのためのプレミアムコーヒーとなっている」と、「コスタコーヒー」の特長について紹介。「主流価格帯で展開する『ジョージア』ブランドとプレミアム価格帯で展開する『コスタコーヒー』ブランドの両輪で、RTD、家庭用、コーヒー機材といったシーンだけでなく、飲食店用や直営カフェなど、『ジョージア』ブランドでは対応していなかった市場にも『コスタコーヒー』ブランドでアプローチしていく」と、ターゲットと価格帯を変えたデュアルブランド戦略でコーヒー市場を盛り上げていくと意気込んだ。

 同 コスタディビジョンの金澤博史ゼネラルマネジャーは、「コスタコーヒー」ブランドと新商品について紹介した。「『コスタコーヒー』は、欧州で50年もの間支持され続けているブランドで、欧州最大のカフェブランドとして認知されている。2019年にはザ コカ・コーラ カンパニーの一員となった」と、コカ・コーラグループに加わった「コスタコーヒー」は、世界中の人々においしいコーヒーを届けるため、世界で最も愛されるコーヒーブランドを目指しているのだと説明する。「日本においては、現在、首都圏を中心とした約180拠点で『コスタコーヒー』を展開。そして今回ペットボトルコーヒーを上市し、全国展開する」と、「コスタコーヒー」を本格展開するのだと語気を高める。「ターゲットは、30代~50代のビジネスパーソンとし、確かな品質を見極める力を持つ消費者を想定している。また、新しい製品やサービスへの高い感度があり、細部へのこだわりが違いを生むことを知る、納得できる買い物で人生を豊かにしている人に楽しんでもらえるものと確信している」と、「コスタコーヒー」を愛飲する消費者像も教えてくれた。

 「『コスタコーヒー』は、リッチな味わいで長時間焙煎が特長となっている。またバリスタによる手淹れ感が楽しめると同時に、カフェラテではミルクにもこだわっている。そして、サスティナビリティに配慮した製品となっている」と、バリスタ・クォリティを目指すブランドなのだと強調する。「今回バリスタ・クォリティを実現したペットボトルコーヒー2種を上市する」と、ブラックとカフェラテの2品を発売するという。「特長は、贅沢にブレンドした厳選豆を使用。『コスタコーヒー』ならではの味わいと当社独自の製法の商品となっている。また、カフェラテは100%国産牛乳を使用。コクと芳醇なアロマを実感できるパッケージとなっている」と、プレミアム感が味わえるコーヒーなのだと紹介していた。「『コスタ ブラック/カフェラテ』は4月26日から全国販売する。パッケージは270ml広口ペットボトルを採用した。気分転換や仕事中に楽しんでほしいコーヒーとなっている」と、製品概要について言及。「コミュニケーションについては、テレビCM、新聞、デジタル広告だけでなく、店頭での告知やプロモーション、PR活動など積極的に展開し、消費者との接点の場を増やしていく」と、日本における「コスタコーヒー」の本格デビューを多くの人に知らしめたいとアピールした。

[小売価格]
コスタ ブラック:158円
コスタ カフェラテ:167円
(すべて税別)
[発売日]4月26日(月)

日本コカ・コーラ=https://www.cocacola.co.jp/


このページの先頭へ