菓子・ドリンク

ローソン、いちごを使ったデザート・ベーカリー・サンドイッチ等6品を発売

2021.01.12 16:26 更新

 ローソンは、1月12日から、「いい苺の日(1月15日)」にあわせて全国のローソン店舗(1万3818店:11月末時点、「ローソンストア100」を除く)で、いちごを丸ごと1粒包んだ「まるごと苺みるく大福」、いちごバター入りクリーム、バターをサンドしたコク深い味わいの「いちごのフォカッチャ いちごバターに追いバター」、宇治抹茶の味わいが広がる食パンでいちごをサンドした「いちごミルクサンド ~抹茶入り食パン使用~」などいちごを使った商品計6品を発売する。

 1月はいちごが旬を迎える時期といわれており、特に1月15日は、数字の語呂合わせから「いい苺の日」と称され、例年、苺を使用した様々な商品が発売されている。

 ローソンでは、昨年1月にあまおう苺のクリームを使用したベーカリーや、いちごを使用したデザート・調理パンなど合計11商品を発売し、幅広い世代の消費者に好評を得たという。なかでも昨年発売した「どらもっち まるごと苺(カスタード)」は購入者の約7割が30代~50代を中心とした女性だったという。

 「まるごと苺みるく大福」は、いちご丸ごと1粒と練乳を合わせたミルキーなホイップクリームを新潟県産羽二重粉を使ったやわらかなお餅で包んでいる。なお、沖縄県での発売はないという。

 「苺みるくロールケーキ」は、いちごペーストを混ぜ込んだ生地でミルククリームを巻きした。クリームの中には甘酸っぱいベリーソースを入れ込み、いちごをトッピングしている。

 「いちごのもちっとパンケーキ 2個入」は、糖漬けしたいちごチップといちご入りのチョコチップをまぜこんだホイップクリームをもっちりとした食感の生地ではさんだパンケーキとのこと。なお、沖縄県での発売はないという。

 「いちごのフォカッチャ いちごバターに追いバター」は、いちごバター入りクリーム、バターを、砂糖漬けしたクランベリーを練り込んだもっちりとした生地でサンドしたフォカッチャとなっている。なお、沖縄県では仕様が異なる。

 「いちごミルクサンド ~抹茶入り食パン使用~」は、宇治抹茶の味わいが広がる食パンで、いちごと練乳、ホイップクリームをサンドした。宇治抹茶のほのかな苦みと香り、練乳の甘みと、いちごの爽やかな酸味が広がる。沖縄県での発売はないという。

 「いちごカスタードサンド」は、甘酸っぱいいちごとやさしい甘みのカスタードクリームを食パンでサンドした。

 ローソンは今後も、旬の食材を使用した商品を開発・発売するという。

[小売価格]
まるごと苺みるく大福:175円
苺みるくロールケーキ:240円
いちごのもちっとパンケーキ 2個入:140円
いちごのフォカッチャ いちごバターに追いバター:150円
いちごミルクサンド ~抹茶入り食パン使用~:368円
いちごカスタードサンド:348円
(すべて税込)
[発売日]1月12日(火)

ローソン=https://www.lawson.co.jp/


このページの先頭へ