菓子・ドリンク

明治、カップアイス「明治 エッセルスーパーカップSweet's 4層仕立てのガトーショコラ」を発売、4層を一気にすくえる専用スプーンプレゼントキャンペーンも実施

2020.12.15 20:30 更新

 明治は、「明治 エッセル スーパーカップSweet's」シリーズから、「明治 エッセル スーパーカップSweet's 4層仕立てのガトーショコラ」を、12月21日から発売する。同商品は、2種類のチョコアイスでブランデーの香り(ブランデー不使用(香料のみ))をまとわせた“とろっと”食感のチョコ風味ソースを挟み込み、その上からチョコクッキーを敷き詰め、さじ通りの良いチョコレートを上掛けした「4層仕立てのガトーショコラ」アイスとなっている。12月14日にオンラインで行われた発表会では、新商品のこだわりやシリーズの開発秘話を紹介した他、コンビニアイス研究家のアイスマン福留さんが、今年のコンビニアイスのトレンドを振り返った。

 「『エッセル スーパーカップ』シリーズは、いつもみんなの真ん中にある質の高い正統派アイスとして展開。『エッセル スーパーカップ』はティーン世代を、『エッセル スーパーカップ ミニ』はファミリー層やシニア層を、『エッセル スーパーカップSweet's』は20代~30代を、メインターゲットに商品を提案している」と、明治 マーケティング本部 フローズンデザートマーケティング部 フローズンデザートGの吉岡征史氏が挨拶。「『エッセル スーパーカップSweet's』は、アイスと素材を重ね合わせることでアイスならではの美味しさを提供するシリーズとなっており、上質なスイーツの味わいに仕立て上げた“層状アイスデザート”となっている。層状構造だからこそ感じられるスイーツの味わいをたっぷりと楽しむことができる」と、「エッセルスーパーカップ」にスイーツらしさをプラスしたシリーズなのだと教えてくれた。

 「『エッセル スーパーカップSweet's』は今年9月で1億個の累計販売個数を記録した」と、多くの消費者に支持されていると訴える。「第1弾の苺ショートケーキに始まり、ガトーショコラに至るまで、様々なフレーバーを発売してきた」と、層状の価値を活かした“スイーツすぎるアイス”を目指して、ケーキだけでなく、他のデザート領域に範囲を広げて同社独自のフローズンとしての新しい価値を付加したフレーバーを選定しているのだという。「今年6月には、よりスイーツとしての価値が伝わるようにデザインを一新。価格もそのままで、美味しさをアップさせた」と、リニューアルを行ったと語る。「これからも、既存のアイスにはない、“デザートを超える美味しさ”を伝達することで、市場でのオンリーワンのポジショニングを確立していく」と、「エッセル スーパーカップSweet's」をさらに深化させていくことで、市場での確固たる価値を創造していくと意気込んだ。

 新商品「エッセル スーパーカップSweet's 4層仕立てのガトーショコラ」について、明治 食品開発本部 カカオ開発部 開発3Gの飯野修平氏が説明した。「当社の調査によると、冬には濃厚な味わいの商品を食べたいというニーズがあり、特にチョコレートへの人気が高まる季節でもある。一方で『エッセル スーパーカップSweet's』は、層状構造を活かして専門店のような奥深さを表現してきた。そこで、冬でも、何度でも食べたくなる、専門店のようなこだわりの味わいを徹底的に追及すべく、チョコの濃厚感と奥深さという味わいに加えて、様々な要素を盛りだくさん使用した素材で、口の中のコントラストを感じる食感を目指した」と、新商品の開発コンセプトについて紹介。「そして『4層仕立てのガトーショコラ』が完成した。天面にはカカオの香り広がるビターな味わいのチョコクッキーを添加、その上からさじ通りのよいチョコレートを上掛けした。2層目は、ミルクチョコレートのようなまろやかでコクのある味わいで濃厚感の底上げを図った。3層目は、全体の味わいに奥深さを加えるため、ブランデーフレーバーで香りを付けつつ、とろっと食感で濃厚感を演出した。4層目は、カカオ原料の配合量を上層アイスから増やすことで、ビターと濃厚な味わいに仕上げた」と、チョコレート掛けチョコクッキー、ショコラクリーム風アイス、ブランデー(ブランデー不使用)香るチョコ風味ソース、チョコレートアイスの4層構造からなるアイスなのだと説明する。「複雑に絡み合う、奥深いチョコレートの味わいと、素材による食感のアクセントで、こだわりのショコラデザートのような満足感を味わってもらえる」と、まるでガトーショコラのケーキを食べているような食感が楽しめる商品に仕上がったとアピールした。

 この後、吉岡氏、飯野氏に加えて、コンビニアイス研究家のアイスマン福留氏が登場し、今年のコンビニアイスのトレンドや「4層仕立てのガトーショコラ」の味わいについて語り合った。今年のトレンドについて福留氏は、「ピスタチオが今年を代表するフレーバーであったといえる。またケーキやスイーツ系のアイスも多く、スイーツカテゴリの商品には、技術進化が感じられた」と、フレーバーはピスタチオがトレンドで、スイーツやケーキ系のアイスが進化した年でもあったという。このスイーツ、ケーキ系アイスとして展開する「エッセル スーパーカップSweet's」について吉岡氏は、「今年デザインも高級感のあるものにリニューアルし、『エッセルスーパーカップ』を卒業した層に訴求している」と、大人なアイスとして提案しているのだという。

 その「エッセル スーパーカップSweet's」から「4層仕立てのガトーショコラ」が新発売される点について福留氏は、「期待を超える味わいであった」と大絶賛。「カップを開けた瞬間、チョコの香りが広がる」と、嗅覚も刺激してくれる商品とのこと。「普通のチョコレートアイスとは違い、様々な種類のチョコレートが使われているので、飽きずに食べきることができる」と、上質な商品に仕上がっていると太鼓判を押していた。

 「4層仕立てのガトーショコラ」をより美味しく食べてもらうべく、同社ではオリジナル専用スプーンを開発したとのこと。「カップの底まですべての層を一度にすくえる形状で、新潟県燕市の老舗スプーンメーカーに設計から依頼したこだわりのオリジナルスプーンとなっている」と、専用スプーンについて語る吉岡氏。「『明治エッセルスーパーカップSweet's 冷凍庫に#ガトーショコラ24個入る?キャンペーン』と題したTwitterキャンペーンを開催する。応募すると『4層仕立てのガトーショコラ』24個と『エッセルスーパーカップSweet'sオリジナル専用スプーン』1本が当たるようになっている」と、キャンペーンに応募して「エッセルスーパーカップSweet'sオリジナル専用スプーン」を手に入れてほしいと話していた。

[小売価格]各220円(税別)
[発売日]12月21日(月)

明治=https://www.meiji.co.jp/


このページの先頭へ