菓子・ドリンク

モスバーガー、旭酒造の麹仕立ての「獺祭甘酒」と「バニラシェイク」がコラボした「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」を数量限定発売

2020.12.10 20:40 更新

 モスバーガーを展開するモスフードサービスは、旭酒造が製造する麹仕立ての「獺祭甘酒」とモスバーガーのバニラシェイクがコラボレーションした「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」を、12月26日~来年2月上旬まで(予定)、全国のモスバーガー店舗(一部店舗を除く)で数量限定発売する。12月8日に行われた試飲会では、モスフードサービスの櫻田厚会長と旭酒造の桜井博志会長が、「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」が誕生した経緯について紹介した他、「獺祭甘酒」の製造工程や「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」の商品開発などについても説明した。

 「漫画家の弘兼憲史先生が共通の知り合いということもあり、弘兼先生を交えて、桜井会長と対談を行った時、両社で何かやれないかという話になった。それから何度も会って検討を重ねた結果、ようやく実現したのが今回発表する製品となる」と、櫻田会長が、桜井会長との出会いやコラボレーションするに至った経緯を紹介する。「当社と旭酒造は、経営理念や商品に対する想いなど、相通じるものがあると思っていたことから、コラボレーションも必ずうまくいくと確信している」と、モスバーガーと旭酒造は、様々な面で共通点が多いことから、両社で素晴らしい商品を生み出すことができると確信していたのだと力説する。

 桜井会長も、「当社は、2000年から海外への展開を模索し、まず台湾の在留日本人を相手に『獺祭』を販売しようと考えた。しかし、なかなかうまくいかず、悩んでいた時、台湾のモスバーガーで食事をした際に、日本と変わらぬメニューや店内の雰囲気に、元気づけられた。また、日本のスタイルをそのま台湾に導入しても十分に受け入れられるのだと思った」と、台湾で食べたモスバーガーでその後の海外戦略の方向性が固まったと説明する。「それだけに、モスバーガーとコラボできたことをうれしく思っている」と、桜井会長にとって、ターニングポイントになったブランドと共に、新たな商品を生み出すことができた点を喜んでいた。

 今回のコラボ商品についてアルコール好きを公言する櫻田会長は、「『獺祭』は日本酒の中でも特別なブランドになっている。特に、海外での人気が高く、その後日本で認められた逆輸入商品の先駆け的なブランドといえる。中味も、高級なのだが一口含むと納得の味わいとなっている。そんな『獺祭』をモスシェイクにすることで、お酒の魅力をまだ知らない子どもや若者にも楽しんでもらえる商品になったのではないかと思っている」と、日本酒の魅力を幅広く伝えられる商品になっていると胸を張る。桜井会長は、「開発に携わった社員たちは、すごい商品になったと反応していた。この商品は親しい人に飲んでもらいたいし、飲んだ人が多くの人に勧めたいと思える商品に仕上がっている」と、自信作だと強調する。「この商品の成功は、当社の社員たちの自信につながる」と、「獺祭」の新たな可能性を感じさせる商品なのだと目を細めていた。

 次に、旭酒造の三浦史也工場長が「獺祭と甘酒」の製造工程について紹介した。「『獺祭甘酒』に使うお米の山田錦は、等外米という粒揃いが悪いなどの理由で等級がつかないお米を使用している。これを良く洗い、10時間も水につける。つけたお米を釜で蒸し、種麹を振りかけてお酒を作っていく」と、「獺祭甘酒」の工程について説明。「『獺祭甘酒』では、甘さをつけるため、種麹から試作を繰り返す。それだけに『獺祭甘酒』とモスシェイクのコラボでどんな味わいになったのか楽しみでもある」と、「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」をまだ味わっていないという三浦工場長は、その味わいを早く体験したいと話していた。

 「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」について モスフードサービス 執行役員の工藤環商品開発部長が説明した。「まずは、お酒づくりにお米が欠かせないということもあり、モスライスバーガーを山田錦で開発しようと試みたが、『獺祭』を表現する味わいには程遠く、旭酒造にも納得してもらえないと感じ、モスシェイクで商品を開発することにした」と、王道のバーガーでの商品開発を断念し、モスシェイクでの商品開発に切り替えたのだという。

 「『獺祭』を前面に打ち出したことで、アルコール入りのシェイクを連想されるデメリットも考えられた。しかし、甘酒であるという点を前面に打ち出すことで、これまでとは違った消費者に支持される商品に仕上がると考えた」と、日本酒とモスシェイクの組み合わせが、消費者に驚きを与えられると確信しているようだった。

 商品の中味について、モスフードサービス 商品開発グループの弘法利榮子チーフリーダーが紹介した。「『まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-』では、麹仕立ての『獺祭甘酒』をたっぷりと使用した。さらに、『獺祭甘酒』本来の甘さを引き出しながら、難易度が高いアルコール0.00%のソースに仕上げた」と、何度も何度も試作品をつくり、普段から「獺祭」を楽しむ人たちにも納得してもらえる味わいに仕上げたのだという。「スプーンを付けて提供するので、下から混ぜて楽しんでほしい」と、粘度も弱めになっているので、時間をかけて味わってほしいと話していた。

[小売価格]
Sサイズ:334円
Mサイズ:399円
(すべて税別)
[発売日]12月26日(土)

モスバーガー=https://www.mos.jp/


このページの先頭へ