菓子・ドリンク

森永製菓、ずんだ餡を使用した「ずんだ甘酒」を東北地区で期間限定発売

2020.11.20 18:52 更新

 森永製菓は、甘酒市場のトップブランドである「森永甘酒」からずんだ餡を使用した「ずんだ甘酒」を11月25日から2月(無くなり次第終了)まで期間限定において東北地区で発売する。

 今回の「ずんだ甘酒」は、厳選した国産の酒粕と米麹、さらにずんだ餡がふんわりと香る、ずんだ・酒粕・米麹をバランス良く感じられるようそれぞれの風味を活かした甘酒とのこと。特殊な製法によってずんだ餡に由来したなめらかな口あたり、マイルドな味を実現した。酒粕の風味と米麹のやさしい甘みも感じられ、甘酒好きな人にも甘酒が初めての人にも飲みやすい品質に仕立てている。

 甘酒は、エネルギー補給ができる発酵素材を使った食品として注目され、多くの人々に愛されている。なかでも、東北地区は、一人あたりの甘酒消費量がとても多い地域となっている。そこで、東北地区の人々に楽しんでもらえる、東北地区ならではの新しい甘酒を発売したいと考え、東北の郷土料理「ずんだ」を使用した甘酒を開発した。

 東北地域の甘酒需要に向けて、「ずんだ甘酒」を新発売することで、甘酒売り場を盛り上げていく考え。

 「ずんだ甘酒」は、厳選された国産の酒粕と米麹をブレンドした甘酒とのこと。ずんだ餡を使用した。ずんだ餡がふんわり香る、コクがあって飲みやすい品質の甘酒となっている。枝豆の鞘のイメージを缶の背景にデザインした。アルコール分は1%未満。温めても冷たくても美味しいという。

 ずんだとは、枝豆をすりつぶしたもの。語源は、豆を潰す意味の「豆打(ずだ)」が訛ったもの。

[小売価格]124円(税込)
[発売日]11月25日(水)

森永製菓=https://www.morinaga.co.jp/


このページの先頭へ