菓子・ドリンク

ファンケルとメルシャン、「ファンケル ワイン定期便」を通信販売で開始

2020.10.19 13:45 更新

 ファンケルは、10月20日から、ワインの定期お届けサービス「ファンケル ワイン定期便」を通信販売で開始する。キリングループのメルシャンのソムリエが、同社の消費者のために季節に合わせて厳選した輸入ワイン2本を「レシピカード」とともに隔月で届けるサービスで、価格は1回あたり5500円(税込)とのこと。このほか、ワインの知識を深めることができるオンラインセミナーを定期的に開催するなど、ワインを身近に感じてもらう取り組みも行う。

 同件は、昨年に資本業務提携を行った同社とキリングループの共同取り組みの一環だという。今後も両社の強みを生かしたさまざまな取り組みを進めていく考え。

 特長は、メルシャンのソムリエが厳選した、希少性の高いワイン2本を隔月で届けるという(第1回目は申し込んだ翌月に届ける。2回目以降は2ヵ月ごとに届ける)。季節に合わせた、飲みやすくて料理にも合わせやすいワインとなっている。定期便を6回続けた人には、日本航空国際便ビジネスクラスで提供実績のあるワイナリー「シャトー・メルシャン」のラインアップの中から「シャトー・メルシャン 萌黄」を1本プレゼントする。

 一緒に届ける「レシピカード」では、ワインに関する豆知識や届けるワインと相性のいい料理のレシピを紹介。オンラインワインセミナーも定期的に開催して、ワインへの理解を深めることができる情報を提供する。

 今後、「ファンケル ワイン定期便」申し込みの人限定の企画も検討していくという。

[小売価格]5500円/1回(税込)
[サービス開始日]10月20日(火)

ファンケル=https://www.fancl.jp/
メルシャン=https://kirinproducts.jp/alcohol/wine/


このページの先頭へ