菓子・ドリンク

森永製菓、森永ビスケットシリーズから「ミニムーンライトプチパック」「ミニチョコチッププチパック」を発売

2020.10.14 18:30 更新

 森永製菓は、森永ビスケットシリーズから、「ムーンライト」「チョコチップクッキー」をひと口サイズのクッキーにして個包装にした徳用袋「ミニムーンライトプチパック」「ミニチョコチッププチパック」を10月20日から発売する。

 森永ビスケットシリーズは、1923年に「マリー」ビスケットを発売して以来、「チョイス」(1937年発売)、今年60周年となる「ムーンライト」(1960年発売)、「チョコチップ」(1994年発売)とそれぞれ違う原料の配合と焼き型によって独特の味わいと食感を特長にもつロングセラーブランドのシリーズとなっている。

 昨今、お菓子を食べるシーンが、「家で、親子で」だけでなく、「公園、習い事などのおでかけ先で」、「子ども同士で交換」「友達に配る」など多様化している。こうした食シーンの多様化に加え、コロナ禍による「家で、ファミリーで」の需要の急激な高まりを受け、ビスケットの徳用袋の市場は2018年から比較して2年で約110%(インテージSRIビスケット徳用袋市場2017年5月~2020年9月推計販売規模移動年計伸長率)に伸長しているという。そこで、長年親子のおやつとして愛されてきた「ムーンライト」「チョコチップクッキー」を手軽に食べやすい大きさのクッキーにして配りやすい包装形態にした商品を開発した。

 従来の箱の形態に加えて、多様化した食シーンに対応した新たな品質・包装形態のビスケットを発売することで、消費者との接点を創出し、秋冬のビスケット市場をさらに盛り上げていく考え。

 「ミニムーンライトプチパック」は、「ムーンライト」をひと口で食べられるサイズにし、少量ずつテトラパックで個包装にした。子どもも食べやすい大きさと量で、持ち歩きやシェアにぴったりだとか。卵とバターの味わいを豊かに焼き上げたという。サックリとした歯ざわりと軽い口溶けが、後引くおいしさを演出している。

 「ミニチョコチッププチパック」は、「チョコチップクッキー」をひと口で食べられるサイズにし、少量ずつテトラパックで個包装にした。子どもも食べやすい大きさと量で、持ち歩きやシェアにぴったりとのこと。サクッと軽いココア生地になめらかでしっとり感のあるチョコチップをたっぷり練りこんだチョコチップクッキーとなっている。

[小売価格]各270円(税込)
[発売日]10月20日(火)

森永製菓=https://www.morinaga.co.jp/


このページの先頭へ