菓子・ドリンク

伊藤園、国産の黒豆と玄米をブレンドした健康茶飲料「黒豆玄米茶」を発売

2019.07.09 20:32 更新

 伊藤園は、国産の黒豆と玄米をブレンドした健康茶飲料「黒豆玄米茶」を、7月29日から販売を開始する。

 近年、健康志向の高まりから、働く女性を中心に黒豆に含まれるポリフェノールの一種“大豆イソフラボン”が注目を集めており、黒豆茶飲料市場は直近3年で1.6倍と著しく伸長している(伊藤園調べ)。

 今回発売する「黒豆玄米茶」は、国産の黒豆を100%使用し、大豆イソフラボンを15mg(1本当たり)含んだ健康茶飲料とのこと。やさしい香りと豊かな甘みが特長の黒豆に、国産の玄米をブレンドすることで、毎日続けられるすっきりとしたまろやかな味わいに仕上げた。

 女性の社会進出や働き方改革など、女性を取り巻く環境が大きく変化している中で、美容と健康を日常的に意識する女性が増えている。同社は、「黒豆玄米茶」を販売することで、働く女性のイキイキとした毎日をサポートしていく考え。

[小売価格]140円(税別)
[発売日]7月29日(月)

伊藤園=http://www.itoen.co.jp/


このページの先頭へ