菓子・ドリンク

アサヒ、福島県産米"天のつぶ"を使用した「アサヒスーパードライ 福島工場限定醸造」を福島県限定で発売

2019.07.09 20:11 更新

 アサヒビールは、「アサヒスーパードライ 福島工場限定醸造」を7月23日から、福島県限定で発売する。同商品の売上1本につき1円を、福島県の地域振興などに役立ててもらう。

 「アサヒスーパードライ 福島工場限定醸造」は、福島県産米“天のつぶ”を用いて福島工場で製造する、福島県限定発売の特別な「スーパードライ」とのこと。“天のつぶ”は、福島県が15年の歳月をかけて開発した品種で、穂が出るときに天に向かってまっすぐ伸びる稲の力強さと、天の恵みを受けて豊かに実る一粒一粒のお米をイメージして命名された。粒ぞろいが良く、光沢があり、しっかりとした食感が楽しめるお米となっている(出典:うつくしま、ふくしま米情報センターHPから引用)

 ラベルおよび缶体パッケージは、本商品の売上、1本につき1円を福島県の地域振興などに役立ててもらうことと、福島工場の40周年記念限定商品であることを記載し、地域に根ざした取り組みであることを訴求している。また、福島県産品の魅力をPRするためにつくられた“ふくしまプライド”のフラッグロゴと“天のつぶ”のロゴを、福島県の地図とともに、「スーパードライ」のロゴマークの下にデザインした。

 アサヒグループでは、これまでも東日本大震災後の地域コミュニティの維持・再生と復興まちづくりを推進することを目的とした助成活動や、福島で開催される全国イベントへの寄付、福島県産の果実を原料とした炭酸飲料の発売などを通じて、福島県の地域貢献、地産地消を応援してきた。

 「アサヒスーパードライ 福島工場限定醸造」は、昨年12月に第一弾を発売し、好評を得たという。今年も多くの消費者に楽しんでもらうとともに、継続的に福島県への地域貢献、地産地消を応援していくために発売する。同商品が話題を呼び、地元の人々のみならず、福島県を訪れる多くの人々に親しまれることを期待しているという。

[発売日]7月23日(火)

アサヒビール=https://www.asahibeer.co.jp/


このページの先頭へ