データ・リポート

ナリス化粧品、美容と働き方に関する調査、働き方に求めることは「ライフスタイルに合わせて自由に」が3割超に

2022.01.23 19:10 更新

 ナリス化粧品は、10代~80代の全国の女性、1万673名に、美容や働き方に関する意識調査を行った。同社は、化粧品の製造販売に加え、美容に関わるサービスや、化粧品の販売を行う人材を育成する教育事業を行っているため、一般の女性の美容業に対する意識を把握するためにこの調査を行い、年代別と職業別に分けて分析を行った。なお、今回の調査の対象者は、同社の化粧品を購入した一般の女性(実施期間:2021年9月~12月 調査方法:記述式 N=1万673だが、質問内容によって回答者が異なるため、n数は、各図表に記入している数字を参照)。その結果、働き方に求めることは「ライフスタイルに合わせて自由に」が3割超だった。10代女性は、「美容業に興味がある」と6割超が回答した。

 1ヵ月の美容代では、最も安い10代は、約半数が3000円以下であることがわかった。年齢が上がるほど、1ヵ月の美容代が上がっていく傾向あった(ただし、80代はn数が15のため、客観的な判断が困難なため省いている)。1万5000円以上の割合が最も多いのは60代で約1割となった。


SHIBUYA109エンタテイメント、Z世代のSNSによる消費行動に関する意識調査、新商品認知経路トップ3はSNSが独占

2022.01.20 12:57 更新

 SHIBUYA109エンタテイメントが運営する若者マーケティング研究機関「SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキューラボ)」は、SHIBUYA109 lab.独自ネットワークに所属するaround20(15~24歳)のZ世代を対象に、「Z世代のSNSによる消費行動に関する意識調査」を行った。その結果、新商品認知経路トップ3はSNSが独占した。また、約60%がインフルエンサーの紹介商品の購入経験が有ると回答した。

 Z世代はSNSで何してるのか。デジタルネイティブのSNS使い分け実態をみてみよう。Twitterは趣味・興味領域の情報収集に活用され、Instagramは友だち同士のコミュニケーションに活用されていることなどが判明し、目的によってSNSが使い分けされていることが分かった。


矢野経済研究所、国内エステティックサロン市場の調査、2021年度は前年度比2.4%減の3270億円の見込

2022.01.19 16:55 更新

 矢野経済研究所は、国内エステティックサロン市場を調査し、都道府県別や施術別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。その結果、施術におけるコロナ禍の影響は残るものの、物販が伸長し、2021年度のエステティックサロン市場規模は前年度比2.4%減の3270億円の見込であることがわかった。

 2021年度のエステティックサロン市場規模は事業者売上高ベースで3270億円、前年度比97.6%と減少の見込みである。施術・物販市場別にみると、総市場の7割弱を占める施術市場(レディス)が2181億円(前年度比96.4%)、メンズエステ市場が93億円(同96.9%)でマイナス推移、物販市場については996億円(同100.5%)のプラス推移を見込む。コロナ禍2年目となる2021年度に入っては、東京をはじめとする都市部を中心に、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が断続的に発出されたものの、店舗休業はなくウィズコロナの意識も広がったことから、少なくとも2020年度とは状況に変化が出ている。物販分野は、WEB販売拡大によって2020年度に続き伸長している。


富士経済、メンズコスメ・スキンケア・メイクアップなどの市場調査、2019年のメンズコスメティックス市場は前年比1.4%増1196億円に
2019.08.16 12:24 更新
富士経済、乳酸菌・ビフィズス菌含有食品の国内市場調査、2019年見込では乳酸菌・ビフィズス菌含有食品市場が2018年比1.8%増の7930億円に
2019.08.09 15:36 更新
J:COM、人間関係・地域のコミュニケーションに関する意識調査、約7割が「頼りベタ」であることを認識、一方で2人に1人は頼られることが好きであることも判明
2019.08.07 12:03 更新
富士経済、一般用医薬品9カテゴリー40品目の国内市場調査、しみ改善薬はインバウンド需要の恩恵も受け好調
2019.08.05 18:59 更新
富士経済、清涼飲料市場を調査、2019年見込は5兆2212億円の2582万キロリットルに
2019.08.02 16:41 更新
富士経済、スポーツ関連食品・サプリメント・認知機能サポート・睡眠サポートなどコンセプト別のH・Bフーズ市場調査、2023年のスポーツ関連食品・サプリメント市場は915億円と予測
2019.07.26 19:40 更新
尿酸値・高尿酸血症に関する調査、高尿酸血症の患者は痛風以外に高血圧・メタボ・腎障害などのリスクも、対策として7割の医師がヨーグルトなどの乳製品を推奨
2019.07.22 11:50 更新
TPCマーケティングリサーチ、機能性表示食品市場(総括編)について調査、2017年度は前年度比89.0%増の1855億円に
2019.07.17 18:43 更新
東京商工リサーチ、今年度「消費増税に関するアンケート」調査、「予定通り実施すべき」が5割、「キャッシュレスでポイント還元」の効果は疑問の声も
2019.07.09 19:27 更新
海外の消費者が見た"日本のヨーグルト市場"イメージ調査、日本で発売されているヨーグルトや乳酸菌の種類に驚きの声、日本の乳酸菌研究に海外から高い評価も
2019.07.01 10:40 更新
尿酸値・高尿酸血症に関する調査速報、7割以上の医師が「高尿酸血症患者は増加傾向」と回答、原因は「アルコール摂取量の増加」「不規則な食生活」が上位に
2019.06.28 15:28 更新
矢野経済研究所、国内理美容市場調査、2018年度は前年度比99.6%の2兆1382億円に、業界の全体的な価格改訂や店販・メニュー提案等を推進するも市場は微減で推移
2019.06.27 12:39 更新
矢野経済研究所、国内エステティックサロン総市場調査、2018年度の市場規模は前年度比100.2%の3587億円の見込み
2019.06.19 10:12 更新
TPCマーケティングリサーチ、焼菓子専門店市場について調査、2019年度は前年比2.4%増の8009億円に
2019.06.18 18:22 更新
ミクシィ、家族とコミュニケーションに関する調査、SNSが親子のコミュニケーションの活性化に一役、親と子どものコミュニケーションの思いにギャップも
2019.06.18 13:06 更新
CBRE、2021年のホテルマーケット展望、今後3年間でホテル客室数は日本の主要9都市全体で24%増加
2019.06.11 15:15 更新
セブン‐イレブン、お中元に関する実態調査、お中元文化が根強い都道府県は「石川県」が第1位に、「もらう側の本音」や「意外と知らない贈る時のマナー」も明らかに
2019.06.06 12:04 更新
矢野経済研究所、国内の主要飲用容器市場を分析、 2018年は国内出荷量ベースで前年比100.5%の755億6400万本に
2019.06.05 16:48 更新
富士経済、機能性表示食品・特定保健用食品の国内市場調査、2018年の機能性表示食品全体は前年比23.7%増の2420億円に、特定保健用食品は前年比1.8%減3781億円と予測
2019.05.31 16:56 更新
TPCマーケティングリサーチ、機能性表示食品(日常生活トラブル編)市場の結果、2017年度は前年度比約2.1倍の730億円に
2019.05.27 17:22 更新

このページの先頭へ