データ・リポート

SHIBUYA109エンタテイメント、Z世代のSNSによる消費行動に関する意識調査、新商品認知経路トップ3はSNSが独占

2022.01.20 12:57 更新

 SHIBUYA109エンタテイメントが運営する若者マーケティング研究機関「SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキューラボ)」は、SHIBUYA109 lab.独自ネットワークに所属するaround20(15~24歳)のZ世代を対象に、「Z世代のSNSによる消費行動に関する意識調査」を行った。その結果、新商品認知経路トップ3はSNSが独占した。また、約60%がインフルエンサーの紹介商品の購入経験が有ると回答した。

 Z世代はSNSで何してるのか。デジタルネイティブのSNS使い分け実態をみてみよう。Twitterは趣味・興味領域の情報収集に活用され、Instagramは友だち同士のコミュニケーションに活用されていることなどが判明し、目的によってSNSが使い分けされていることが分かった。


矢野経済研究所、国内エステティックサロン市場の調査、2021年度は前年度比2.4%減の3270億円の見込

2022.01.19 16:55 更新

 矢野経済研究所は、国内エステティックサロン市場を調査し、都道府県別や施術別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。その結果、施術におけるコロナ禍の影響は残るものの、物販が伸長し、2021年度のエステティックサロン市場規模は前年度比2.4%減の3270億円の見込であることがわかった。

 2021年度のエステティックサロン市場規模は事業者売上高ベースで3270億円、前年度比97.6%と減少の見込みである。施術・物販市場別にみると、総市場の7割弱を占める施術市場(レディス)が2181億円(前年度比96.4%)、メンズエステ市場が93億円(同96.9%)でマイナス推移、物販市場については996億円(同100.5%)のプラス推移を見込む。コロナ禍2年目となる2021年度に入っては、東京をはじめとする都市部を中心に、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が断続的に発出されたものの、店舗休業はなくウィズコロナの意識も広がったことから、少なくとも2020年度とは状況に変化が出ている。物販分野は、WEB販売拡大によって2020年度に続き伸長している。


富士経済、コスメタリー・パーソナルケアなどの生活用品市場の調査、2022年国内市場予測では2020年比100.4%の5191億円に

2022.01.17 12:59 更新

 総合マーケティングビジネスの富士経済は、引き続き新型コロナウイルス感染症流行の影響がみられるものの、ワクチン接種が進み、外出機会の増加や経済活動の回復から一部では伸びが期待される生活用品(トイレタリーグッヅ)の国内市場を調査した。その結果を「トイレタリーグッヅマーケティング要覧 2021 No.2」にまとめた。トピックスとして、2022年国内市場予測(2020年比)では、コストパフォーマンスの高い化粧水・乳液や高保湿、プレフォームタイプのボディシャンプーが伸長し、コスメタリー・パーソナルケア市場が5191億円(100.4%)に達する見通しだ。また、外出機会の増加とトーンアップ効果のある製品の伸びで、市場拡大するサンスクリーン市場が228億円(131.0%)に達するものとみられる。

 この調査は、生活用品の市場調査シリーズ第2弾として、コスメタリー・パーソナルケア11品目、除菌・消毒ケア7品目、ヘルスケア5品目、ベビーケア3品目、フェミニンケア2品目の市場をまとめた。なお、第1弾では、ランドリー・ファブリックケアや芳香・消臭剤、ハウスホールド、クッキング、殺虫剤・忌避剤を対象とし、その結果を2021年11月24日に発表した。


矢野経済研究所、2019年度の国内の「オタク」市場の調査、2020年度のアニメ市場とアイドル市場は新型コロナウイルス感染症拡大で縮小へ
2020.12.10 12:54 更新
有料老人ホーム「エデンの園」、シニア555名への年末年始の過ごし方に関するアンケート調査、昨年比で「家族・孫に会う」「初詣に行く」は約5~6割減も「家でのんびり」が約3割増に
2020.12.09 20:03 更新
TPCマーケティングリサーチ、国内の通販健康食品市場について調査、2019年度は前年度比3.5%増の5427億円に
2020.12.09 15:57 更新
auコマース&ライフ、年末年始の過ごし方に関するアンケート調査、約4割が当初の予定を変更、今年はお年玉を「電子マネーで送金」するなど新たな選択肢も登場
2020.12.09 13:05 更新
タキイ種苗、「野菜」に関する調査、約2人に1人は無人直売所・宅配など「非接触での野菜の購入経験あり」
2020.12.08 17:31 更新
マルコメ、女性300人の恋愛実態を「anan」と共同調査、新型コロナが恋愛に及ぼした変化の第1位は「会える時間を大切にするようになった」
2020.12.08 10:20 更新
「胃腸の日」に向けて胃の不調に関する実態調査、4人に1人が「ピロリ菌」自体を知らない時代に、コロナ禍で胃の不調を訴える人は41.3%、専門医が胃の不調を乗り切る秘訣を伝授
2020.12.07 13:45 更新
富士経済、オンライン診療の実施実態の調査、何かしらのオンライン診療システムを採用しているという回答が半数以上に
2020.12.06 14:15 更新
シーザスターズ、働く人の飲み方の傾向に関する調査から「飲み方トレンド予測2021」を発表、昔ながらのルールが消えて飲み会の「ニューノーマル化」が進む
2020.12.04 19:02 更新
M&A総合研究所、M&Aに関する最新の意識調査、2020年はコロナ禍で売り手のディールの約8割が延期または中止、一方で2021年はM&A積極派が消極派を上回る結果に
2020.12.04 18:33 更新
MMD研究所、オンライン診療に関する調査、認知度は84.1%も利用経験は18.0%にとどまる
2020.12.01 12:43 更新
TPCマーケティングリサーチ、国内のチーズ市場について調査、2019年度は前年度比1.8%増の3558億円に
2020.12.01 12:30 更新
矢野経済研究所、来店型保険ショップ市場に関する調査、2019年度は前年度比13.9%減の1819億円の見込
2020.11.26 20:44 更新
富士経済、掃除・洗濯、芳香・消臭、キッチン関連の生活用品(トイレタリーグッヅ)の国内市場調査、2020年の家庭用手袋は前年比24.1%増の175億円に
2020.11.19 15:47 更新
矢野経済研究所、国内のホームファッション市場の調査、2020年は前年比101.4%の3兆3845億円と増加を予測
2020.11.18 19:34 更新
富士経済、家庭用衛生関連用品の国内市場調査、5品目の2020年見込は前年比5.6倍の6372億円に
2020.11.17 16:52 更新
矢野経済研究所、自然派・オーガニック化粧品市場に関する調査、2020年度は2011年度以来初めてのマイナス成長と予測
2020.11.17 10:08 更新
富士経済、菓子類・スープ類など加工食品市場の調査、キャンディ類は2020年見込が2074億円・2021年予測が2137億円、即席みそ汁は同見込が797億円・同予測が797億円に
2020.11.10 18:37 更新
キユーピー、介護にまつわる意識調査、買い物の回数を減らしてまとめ買いしECの利用回数も増加傾向へ
2020.11.10 10:11 更新
コロナ禍における「胃の不調」について緊急調査、不調を感じる人は約4割、そのうち3人に1人が"コロナ胃痛"か、胃の不調の際に食べたい食品は「ヨーグルト」が1位に
2020.11.09 19:10 更新

このページの先頭へ