データ・リポート

楽天インサイト、朝ごはんに関する調査、朝ごはんを「毎日食べる」人は約6割も20代では5割を切る結果に

2022.11.16 16:00 更新

 楽天インサイトは、「朝ごはんに関する調査」をインターネットで実施した。今回の調査は、9月27日と9月28日の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約220万人)の中から、全国の20~69歳の男女1000人を対象に行った。同調査では、朝ごはんを食べる頻度や、よく食べているものに加え、費やす時間や、「目玉焼き」を食べるときの調味料、今年の食料品値上がりによる影響についても調査した。

 その結果、朝ごはんを「毎日食べる」人は約6割も、20代では5割を切る結果になった。「パン」派が最も多いのは60代だった。朝ごはんの目玉焼きには「醤油」派が過半数となった。

 普段朝ごはんを食べる頻度を聞いたところ、「毎日食べる」と回答した人は60.7%だった。一方、「まったく食べない」と回答した人は9.2%だった。性年代別でみると、男女ともに60代では「毎日食べる」が8割近く(男性:76.3%、女性:78.2%)となり、全年代の中でも特に多い結果だった。一方、男女ともに20代では、「毎日食べる」がいずれも5割を切る結果(男性:41.2%、女性:46.9%)となり、全体から10ポイント以上低かった。特に男性20代では、「まったく食べない」が18.8%と、全体を10ポイント近く上回った。

楽天インサイト=https://insight.rakuten.co.jp/


このページの先頭へ