データ・リポート

ジンズ、保護者を対象とした子どもの近視や対策状況に関する調査、保護者の7割以上が「近視の対策の仕方が分からない」と回答

2022.07.29 12:41 更新

 ジンズ(以下、JINS)は、近視の子ども(小学生・中学生・高校生)を持つ保護者263名を対象に、子どもの近視や対策状況に関する調査を実施した。その結果、保護者の7割以上が「近視の対策の仕方が分からない」と回答。近視予防研究において注目されている「外遊び」についても約8割の保護者が十分に認知していない結果になった。

 近視人口は世界的に増加している。7月13日に文部科学省が発表した「令和3年度学校保健統計調査(速報値)」によると、裸眼視力が1.0未満の割合は年齢が高くなるにつれて増加傾向にあり、中学生は過去最多となる60.28%という結果になった。世界における近視人口は、2010年時点で19億5000万人だったが、2050年には世界の人口の約半分に値する47億5800万人に及ぶともいわれており、近視は大きな社会課題となっている。

 こうした背景を踏まえ、JINSでは近視の子どもを持つ保護者に対してアンケート調査を実施。直近1年間での近視の状況を確認したほか、近視対策への意識や対策方法に関する認知を調べた。

 直近1年間での子どもの近視の状況については「近視の進行を診断された」または「近視が進行したと実感している」の合計が全体の約7割を占めた。

 「近視の対策の仕方が分からない」という考えについて意識を聞いたところ「そう思っている」「どちらかといえばそう思う」を選んだ保護者が7割以上だった。

 近視予防研究において「外遊び」が着目されていることを踏まえ、「外遊びが近視の対策になる」ことへの認知を調べたところ、約8割の保護者が十分に認知していなかった。

 外遊びが近視対策になる理由のひとつとして「太陽光を浴びる」ことが研究によって明らかになってきているが、そのことを認知している保護者は半数以下だった。

[調査概要]
調査方法:インターネットによるアンケート調査
実施期間:5月24日(火)~6月1日(水)
調査対象:第一子が近視の保護者
調査数:263名(内訳:小学生低学年の保護者60名、小学生中学年の保護者61名、小学生高学年の保護者66名、中学生の保護者38名、高校生の保護者38名)

ジンズ=https://www.jins.com/jp/


このページの先頭へ