データ・リポート

アデランス、脱毛に関する意識調査、女性の2人に1人は脱毛経験ありと回答

2022.07.12 10:02 更新

 毛髪・美容・健康のウェルネス事業をグローバル展開するアデランスは、47都道府県各104人(20~60代の男女計4888人)を対象に、脱毛に関する意識調査をインターネット調査で実施した。その結果、女性の2人に1人は脱毛経験ありと回答。20~30代はサロンケア、40代からはセルフケア傾向にあることがわかった。都道府県別では、ムダ毛の脱毛経験率が最も高いのは長野県と熊本県だった。

 同社では、創業以来、髪の専門家として髪の悩みを抱えている消費者をサポートしてきたという。そこで2020年から、毛髪などへの意識や悩みを探ることを目的に全国47都道府県の人を対象とした意識調査を実施している。今回はムダ毛の「脱毛」をテーマに脱毛経験の有無や、ケア方法について調査した。

 その結果、女性の2人に1人は「脱毛経験あり」と回答した。特に若年層ほど脱毛が定着している傾向にあることがわかった。都道府県別の脱毛経験ランキングでは、脱毛経験率が最も高いのは長野県と熊本県だった。脱毛経験者の約半数は自宅でのセルフケアを経験しており、特に男性はセルフケア意識が高い傾向もあることが明らかとなった。20~30代はサロンケアの経験が半数以上になった。一方、40代からはセルフケア派が増加していた。

[調査概要]
調査名:脱毛に関する意識調査
調査対象:全国の20~60代の男女4888名(有効回答数)
     全国47都道府県 各104名(女性52名、男性52名ずつ)
調査期間:1月31日(月)~2月2日(水)3日間
調査方法:インターネットアンケート

アデランス=https://www.aderans.co.jp/


このページの先頭へ