データ・リポート

ぐるなび、外食の値上げに関する調査、値上がりしたと感じる人は7割弱で値上げに一定の理解を示す結果も

2022.06.20 17:15 更新

 ぐるなびは、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として定期的に情報を発信している。今回は、外食の値上げについて調査した。その結果、値上がりしたと感じる人は7割弱に達した。値上げに一定の理解を示す結果になった。

 調査結果は、外食が値上がりしたと感じる人は7割弱となっている。値上がりしたと感じる業態は「ファミレス、ファストフード」が半数弱で最も多く、「カフェ」「ラーメン」「和食」「寿司」は3割以上だった。

 外食の値上げは「仕方がない」が55%、「値上げは当然」が18%と、7割以上の人が理解を示した。

 値上げによる利用頻度は「増える」「変わらない」と「減る」と回答した人はほぼ等しい結果に、男性に比べ女性の人が「増える」「変わらない」を合わせた回答の割合が約1割強と高めだった。「増える」「変わらない」と回答した理由は「外食が好きだから」が1位だった。「減る」と回答した理由は「外食機会を減らすことで節約する」が1位。飲食店に期待することは「ポイントやクーポンなどサービス拡充をしてほしい」が最多となった。

[調査概要]
調査期間:6月3日(金)~5日(日)
調査方法:WEBアンケート
調査対象:全国
回答者:20代~60代のぐるなび会員1000名

ぐるなび=https://www.gnavi.co.jp/


このページの先頭へ