データ・リポート

日本生命、「習い事とリスキリング」に関するアンケート、子どもが「習い事をしている」との回答が68.9%

2022.05.06 15:57 更新

 日本生命は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューの一つとして、ホームページ(内の「ご契約者さま専用サービス」において、「習い事とリスキリング」に関するアンケートを実施した。その結果、子どもが「習い事をしている」との回答が68.9%に達した。男女ともに「学習塾」「水泳」が1位・2位となった。親世代との比較では、男女ともに「英会話」が5位以内にランクインする一方、「そろばん」や「書道」の順位が後退した。

 習い事の種類・頻度等について、子どもが「習い事をしている」との回答が68.9%に達した。男女ともに「学習塾」「水泳」が1位・2位となった。親世代との比較では、男女ともに「英会話」が5位以内にランクインする一方、「そろばん」や「書道」の順位が後退した。頻度は、「週1回」が36.3%と最も多く、小学生と高校生では「週4回以上」の割合が他の年代に比べて高かった。

 習い事の費用について、習い事の費用(1ヵ月あたり)の平均は1万6970円となった。「5000円以上1万円未満」が最多で、年代が上がるにつれて増加傾向にある。9割以上は「昨年より増えた」または「昨年と同程度以上」と回答した(「昨年より増えた」は約3割)。増えた理由は、「子どもがやりたいといったため」および「受験対策」が上位を占めた。

 リスキリングについて、76.6%がリスキリングは「必要」と回答した。「必要」と回答した人のうち、67.4%が「(リスキリングに)取り組めていない」と回答した。取り組めていない理由は、「取り組む時間がない」が46.6%で最多となった。取り組んでいる人のうち、68.3%が「デジタルスキル」の習得を行っていると回答した。リスキリングにかける費用(1ヵ月あたり)の平均は8422円だった。

[アンケート概要]
実施期間:4月1日(金)〜4月9日(土)
実施方法:インターネットアンケート(「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニュー)
回答者数:9748名(男性:4955名、女性:4569名、性別回答なし:224名)

日本生命=https://www.nissay.co.jp/


このページの先頭へ