データ・リポート

フジ医療器、<母の日企画>第12回 お母さんの疲労事情と解消法調査、長引くコロナ禍で精神的な疲労が強まる傾向に

2022.05.02 12:05 更新

 美と健康の総合メーカー、フジ医療器は、今回、子どもをもつ20歳以上の女性を対象に「<母の日企画>第12回お母さんの疲労事情と解消法調査」を実施した。この調査は、2011年から毎年春に同社が独自に実施しており、今年の調査で12回目を迎える。調査結果から、長引くコロナ禍で精神的な疲労が強まる傾向にあることがわかった。また、母の日に欲しい疲労解消グッズは「安眠グッズ」「マッサージチェア」であることが明らかとなった。

 「あなたは普段疲れを感じているか」の質問に対し、「とても疲れを感じる」(41.9%)、「疲れを感じる」(51.5%)、「あまり疲れを感じない」(6.6%)、「全く疲れを感じない」(0%)という結果だった。「とても疲れを感じる」と「疲れを感じる」を合わせると93.4%となり、昨年調査に比べて1ポイントアップしている。第1回目の調査以来、疲れを感じていると回答したお母さんは毎回9割を超えている。

 「とても疲れを感じる」の項目のみを過去の調査と比較すると2021年調査比4ポイント増加、2020年調査比では8ポイント増加しており、強い疲れを感じている人の割合が増えていることがわかった。

 回答者の年代別では「とても疲れを感じる」を回答した人が30代と40代では5割を超えている。

 子どもの年齢別では「とても疲れを感じる」の回答が最も多いのは「0~2歳」(53.6%)だが、子育て期間中の母親は子どもの年齢に関わらず疲労度は高いことがわかる。

 「その疲れは身体的疲労か、精神的疲労か」の質問に対し、「身体的・精神的疲労どちらも」と回答した人が69.5%、「身体的疲労」のみが22.4%、「精神的疲労」のみが6.1%という結果になった。昨年の調査に比べて「身体的・精神的疲労どちらも」は1ポイント減少、「身体的疲労」は2ポイント増加、「精神的疲労」は2ポイント減少となり、大きな変化はなかった。

 「身体的疲労(「身体的・精神的疲労どちらも」も含む)」を選択した回答者に「主な原因は何か」と質問したところ、1位「加齢」(28.4%)、2位「仕事」(28.1%)、3位「家事」(23.5%)、4位「子育て」(12.8%)という結果になった。

 「体のどの部分にどのような疲れ・痛みを感じているか(複数選択可)」と質問したところ、1位「首や肩のコリ」(77.2%)、2位「腰痛」(56.5%)、3位「目の疲れ」(56.2%)となった。「首や肩のコリ」は第1回目の調査から毎回1位になっている。

 「精神的疲労(「身体的・精神的疲労どちらも」も含む)」を選択した回答者に「主な原因は何か」と質問した結果、1位「人間関係」(29.2%)、2位「仕事」(21.2%)、3位「子育て」(19.2%)となった。

 また、「人間関係」と回答した人に、「誰との人間関係に疲れているか(複数選択可)」の回答を求めたところ、多かった順に1位「夫」、2位「子ども」、3位「同僚」、4位「近所の人」、同率4位「上司」という結果になった。昨年の調査まで「近所の人」は6位だったが、今年は回答数が増えて2ランク上がっている。

 「長引くコロナ禍において、昨年に比べて身体的な疲労感に変化はあるか」の質問に対し、身体的な疲労感については「とても強くなった」(10.7%)、「強くなった」(43.1%)、精神的な疲労感では「とても強くなった」(15.5%)、「強くなった」(45.6%)とそれぞれ5割を超えており、疲労度が強まっていることがわかった。コロナ禍で身体的な疲労のある回答者からは「コロナに関する仕事の派遣で色々な就業先に行って勤務している」や「コロナ渦での運動不足での体力低下による疲労」というコメントがあった。精神的疲労では「子どもを駅に迎えにいかなければならなくなった」や「保育園がコロナで休園」といったコメントがあり、コロナ禍の生活の変化が精神面への大きな負担となっていることがうかがえる。

 「あなたの疲労解消法は何か(複数選択可)」の質問に対して、1位「好きなものを食べる」(59.5%)、2位「睡眠をとる」(51.9%)、3位「1人(プライベート)の時間を過ごす」(41.5%)となった。1位から3位の順は2019年の調査から4年連続同じ結果になっている。

 「母の日のプレゼントとして「疲労解消グッズ」をもらえるとしたら、どんなものが欲しいか(複数選択可)」という質問には、1位「安眠グッズ(枕・マットレスなど)」(44.3%)、2位「マッサージチェア」(34.5%)、3位「フットマッサージャー」(29.1%)という結果になった。トップ3は昨年と同じ順位で、快適な睡眠を得られるグッズ、疲れを癒すためのマッサージチェアやフットマッサージャーが注目を集めている。

[調査概要]
調査期間:3月30日~4月3日
調査対象者:子どもをもつ20歳以上の女性
有効回答者数:849名(20代: 20名、30代: 168名、40代: 223名、50代: 239名、60代: 146名、70代以上:53名)
調査エリア:全国
調査方法:フジ医療器メルマガ会員にWeb 上でのアンケートを実施
※グラフのパーセンテージは四捨五入されているため合計値が100にならないものがある

フジ医療器=https://www.fujiiryoki.co.jp/


このページの先頭へ