データ・リポート

第一園芸、母の日ギフトに関するアンケート調査、母の日ギフトを贈る約6割が「直接会って贈る」と回答

2022.04.25 18:14 更新

 花と緑に関する事業を展開する第一園芸は、5月8日の「母の日」を前に、母の日ギフトに関するアンケート調査を実施した。その結果、母の日ギフトを贈る約6割が「直接会って贈る」と回答し、手渡しにぴったりな花束ニーズ上昇していることがわかった。また、予算「5000円以上」が昨年に比べて10ポイント増となった。ワンランク上のギフトを贈る傾向にあるっようだ。

 母の日ギフトを贈る人の約6割が「今年は直接会って渡したい」と考えていることがわかった。贈りたいものは、「癒し」や「季節感」を感じるものが人気の中、2割弱が一緒に外食することを検討していることも明らかとなった。

 花のギフト購入先はインターネット通販が約5割だが、今年はじっくり選べる「街の花屋」が2位に浮上した。人気の花1位は手渡しにぴったりなカーネーションのブーケで、ベスト3はすべてカーネーションが占めている。

 母親への気遣いや関心は引き続き高く、母の日ギフトの予算も「5000円以上」が昨年に比べて10%増、ワンランクアップしたギフトを贈る傾向にあることが明らかとなった。

[調査概要]
調査内容:「母の日のギフトに関するアンケート2022」
調査方法:インターネット調査
調査対象:日本国内に住む20~50歳代の男女
調査人数:1000人(うち「母の日のギフトを贈る」という回答者:682人)
調査実施日:4月1日~2日

第一園芸=https://www.daiichi-engei.jp/


このページの先頭へ