データ・リポート

第一三共ヘルスケア、働く人の健康とセルフケアの実態調査2022、出社と在宅のハイブリッドワーカーは睡眠トラブルが増加傾向に

2022.04.04 20:34 更新

 第一三共ヘルスケアは、自分自身で健康を守り対処する「セルフケア」という考え方が、人生100年時代の日本に重要なテーマになることを見据え、昨年3月の調査に続き3回目となる働く人の「健康とセルフケアの実態調査」を行った。その結果、出社と在宅のハイブリッドワーカーは要注意で、睡眠トラブルが増加傾向にあることがわかった。また、生活リズムが乱れやすく、社会的時差ボケという新たな課題が明らかになるなど、セルフケアと「睡眠」の関係性が見えてきた。

 20~60代の働く男女を対象にセルフケア(自分自身の健康を守り対処すること)に関する調査を行った。

 まず、長引くコロナ禍による健康意識の変化を聞くと、半数以上が「コロナ禍以前に比べ、自分の体調変化に敏感になった」と回答している。また、コロナ禍以前と比べたセルフケアの変化を聞くと、社会全体での重要性については4割弱(35.7%)が「上がっている」と回答し、自身のセルフケアに対する意欲も3割(30.4%)が「上がっている」と回答している。コロナ禍で体調変化に敏感になり、セルフケアに対する意欲が高まっていることがうかがえる。

 セルフケアの実践について聞くと、「できている(できている+どちらかというとできている)」と回答したのは48.9%だった。同じ質問をした2020年3月は54.3%、2021年3月は50.9%だったが、さらにポイントが下がった。コロナ禍において第1波で高まったセルフケア実践率は、年々低下していることがうかがえる。

 コロナ禍以前と比べたセルフケアの変化で自身のセルフケアに対する意欲が「上がっている」と回答した人(n=304)のうち、「実践できていない(できていない+どちらかというとできていない)」と回答した割合は、4割以上を占めた。実践できていないと回答した人(n=129)にその理由を聞くと、「仕事が忙しい」に次いで「良い睡眠がとれていないと思う」が多くなっている。睡眠は健康に大きく影響することが知られているが、睡眠の質はセルフケアに影響する、と考えられているようだ。

 睡眠に関して、週に3回以上あったトラブルについて聞いたところ、働く人の約4割が「日中活動しているときに眠気を感じた」(39.8%)、「睡眠時間が足りなかった」(37.6%)と回答している。

 また、自身の睡眠の質について聞くと、約6割が「不満」を感じている。自身の睡眠の質に「不満あり」と回答した人(n=585)に睡眠の質の改善意向を聞くと、約8割が「改善したい」と回答した。

 睡眠の質に不満ありと回答した人にその理由を聞くと、「就寝前にスマホやゲームなどに集中してしまうから」「仕事が忙しく睡眠時間が確保できないから」「健康状態に問題があるから」「コロナ禍でストレスが増えたから」などが上位に挙がった。

 次に、睡眠の質の満足度を見ると、セルフケアに対する実践率でセルフケアを実践できていると回答した人(n=489)では「満足している(満足+やや満足)」と回答した人が半数近くであるのに対し、実践できていないと回答した人(n=511)では約2割と、低い結果となった。また、セルフケアのために意識して行っていることを聞くと、セルフケアを実践できている人は、「十分な睡眠をとる」「睡眠時間を意識して眠っている」「就寝・起床時間を意識して生活している」など、睡眠を意識して行動している。一方、セルフケアを実践できていない人は睡眠に対する意識が総じて低くなっている。

 コロナ禍をきっかけにテレワークという働き方が急速に普及し、働く環境が大きく変化した。そこで、コロナ禍での働き方について聞いた。コロナ禍での働き方については、回答者全体では、「仕事上のストレス発散がしにくくなった」と感じる人が最も多くなっている。テレワークをしている人(n=357)では、約半数(45.7%)が「テレワークや時差通勤など働き方に柔軟性が生まれた」と感じているが、4人に1人は「テレワークが導入され、仕事とプライベートの境界がつきにくくなった」(25.2%)、「タイムマネジメントなど、仕事上の自己管理が必要になった」(24.4%)と感じている。

 次に、週5日以上テレワークをする人(n=69)と、週1~4日程度テレワークをする出社と在宅のハイブリッドワーカー(n=215)の睡眠状況を比較してみた。「週3回以上あった睡眠トラブル」では、「日中活動しているときの眠気」や「睡眠時間が足りない」などの睡眠トラブルが、週5日以上の人に比べ、ハイブリッドワーカーの方が高くなっている。睡眠トラブルが多いからか、自身の睡眠の質への満足度はハイブリッドワーカーの方が低くなっている。睡眠の質に不満を感じる理由を聞くと、「体を動かすことが減った」がいずれも最も多い理由だが、ハイブリッドワーカーは「ストレスが増えた」「仕事が忙しく睡眠時間が確保できない」「就寝前にスマホやゲームなどに集中してしまう」といったスコアが高く、生活リズムの乱れがうかがえる。

 人生100年時代、4月からは年金制度が改正され、健康でより長く働くワークスタイルが広まりそうだ。

 そこで、これからの働き方について聞くと、約9割が「就労において健康がますます重要になると思う」と答え、8割以上が「高齢でも元気に働けるようセルフケアがますます重要になると思う」、「長く働けるような社会環境が整い、70歳を過ぎても働く人が増えると思う」と答えた。人生100年時代、高齢でも働き続けることが一般的になり、そのためにセルフケアが一層重要になると考えられているようだ。

 自分自身の健康を守り対処するセルフケアとして、市販薬をうまく活用したいと考える人も少なくないようだ。セルフケアについて聞くと、「市販薬についてもっと知識を増やしたい」と回答した人が半数以上、「市販薬はセルフケアのために役立つ」と回答した人は約7割にのぼった。人生100年時代の日本、セルフケアの重要性がさらに高まりそうだ。

 第一三共グループ産業医・鄭理香先生に、働く人のための「セルフケアのすすめ」を聞いた。「今回の調査結果では、セルフケアに対する意欲が上がっている人のうち、実践できていないという人が約4割もいた。理由を見ると、『運動・体を動かす機会が減った』『良い睡眠がとれていない』と回答した人が多く、生活のリズムや生活習慣が乱れていることが要因となっているようだ」と分析する。

 「セルフケアは、感染予防のための手洗い習慣から、健康のために食事や運動、睡眠に気を使うことまで、自分でできる幅広い領域が対象となる。今回の調査では、セルフケアが実践できていないと回答した人の多くが『良い睡眠がとれていない』を理由に挙げており、睡眠がセルフケアのバロメーターとなっていることがうかがえる。睡眠は一日の中で長い時間を占めることから、生活リズムに大きく影響する。ある調査(早稲田大学「コロナ禍の外出自粛で生活リズム変化」)によると、コロナ禍以前は平日と休日で睡眠時間の差が生じていたが、コロナ禍で外出自粛になったことで睡眠時間が一定になり、平日と休日の生活リズムの差、いわゆる『社会的時差ボケ』が解消されたことがわかっている。睡眠時間を同じにするだけで、生活リズムが整うことが示されている」と説明する。

 「コロナ禍が長くなり、現在では、通勤と在宅のハイブリッドワークが多くなっているようだ。今回の調査では、テレワークの頻度別に睡眠トラブルを調べているが、日中活動しているときに眠気を感じた人は、全体平均(39.8%)に比べて、週に5日以上のほぼテレワークの人では24.6%と少ないのに対し、週1~4日程度のハイブリッドワークの人では42.3%と多くなっている」と分析。

 「このことから、生活リズムが一定だと睡眠トラブルは減少するが、テレワークをしたり・しなかったりのワークスタイルだと生活リズムが乱れやすく、睡眠トラブルが多くなると考えられる。出社と在宅のハイブリッドワークは、これからの働き方の主流となりそうだが、生活リズムが乱れやすく、社会的時差ボケという新たな課題が生まれそうだ」と見解を示していた。

 「社会的時差ボケに陥らないポイントは『朝』。テレワークの前日は、通勤時間を考慮しなくていいので、つい夜更かししがちだが、毎朝決まった時間に起きて、日光を浴び、朝食を食べることを心掛けてほしい。産業医として、『生活が不規則になって眠れない』という相談が増えているが、何時間寝たかといった睡眠時間を気にするよりも、毎朝同じ時間に目覚めることを意識するようアドバイスしている。出社でも在宅でも、『朝同じ時間に起きる』ことで生活リズムが整う」とアドバイスしていた。

 「ハイブリッドワークは生活リズムが乱れやすくなるので、これまで以上にセルフケアが重要になると思う。今回の調査では約7割の人が『市販薬はセルフケアに役立つ』と答えているように、風邪や頭痛など症状が重くなければ、すぐに病院にかからなくても市販薬で対処できる。市販薬にはさまざまな種類があり、正しく選んで使うことが重要となる。市販薬の正しい活用方法などは意外と知られていないことが多いので、セルフケアの一環として調べてみることをおすすめする」とのこと。

 「セルフケアは楽しみながら取り組むことが肝心だ。セルフケアをすることがストレスになっては意味がない。真面目な人ほど、きちんとやろうと頑張りすぎてしまう。スモールステップで少しずつ、よい習慣を長く続けることを心掛けてほしい」と述べていた。

[「健康とセルフケアの実態調査2022」調査概要]
実施時期:2月4日(金)~7日(月)
調査手法:インターネット調査 
調査対象:全国の20~60代の働く男女1000人
※グラフの構成比(%)は小数第2位以下を四捨五入しているため100%にならない場合があり、表記した数字の合算した値と異なる場合がある

第一三共ヘルスケア=https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/


このページの先頭へ