データ・リポート

ホットペッパーグルメ外食総研、10月度の外食市場調査、市場規模は東名阪3圏域計で2114億円と前年同月比-413億円に

2021.12.02 14:00 更新

 リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、首都圏・関西圏・東海圏の男女約1万人を対象とする10月度の「外食市場調査」を実施した。その結果、10月の外食市場規模は2114億円(前年同月比-413億円・東名阪3圏域計)となった。外食市場規模は前年同月比83.7%、2019年比では67.3%だった。飲酒主体業態・計の市場規模が2019年比53.8%まで持ち直している。

 外食市場規模は、前年同月比83.7%、2019年比67.3%。2019年比は前月の42.6%から改善傾向がみられた。飲酒主体業態の市場規模は2019年比53.8%。前月(同 17.0%)から大幅改善した。

 10月の外食市場規模は、3圏域合計で2114億円。前年同月比(以下、前年比)は-413億円。市場規模は5カ月連続で前年比マイナスだが、マイナス幅は前月(前年比-870億円)より縮小し、コロナ禍前の2019年10月比では67.3%と、前月(2019年比 42.6%)よりマイナス幅が大幅に縮小した。10月は全国で緊急事態宣言が解除され、飲食店の営業時間や酒類提供の制約も緩和された。市場規模は食事主体業態・計(2019年比 74.3%)、飲酒主体業態・計(同 53.8%)、軽食主体業態・計(同 65.5%)、いずれも改善傾向で、特に飲酒主体業態では前月の2019年同月比(17.0%)から大幅に改善した。主要16業態では「スナック、ナイトクラブ、キャバレー」「お好み焼き、鉄板焼き等の専業店」で市場規模が前年比プラスに転じ、延べ外食回数でも「カラオケボックス」が前年実績超えした。

 3圏域計(首都圏・関西圏・東海圏)では、10月の外食実施率は60.0%(前月比増減+13.5pt、前年比増減-4.5pt)10月の外食頻度は3.54回/月(前月比増減+0.31回、前年比増減-0.25回)となった。10月の外食単価は2455円(前月比増減 +233円、前年比増減 -83円)だった。10月の外食市場規模は2114億円(前月比増減+764億円、前年比増減-413億円)となった。

 外食とは、夕方以降の食事について、お店で食事した場合を対象。消費地の範囲として、各圏域の居住者が各圏域の対象都府県内で行った外食を対象としており、圏域外で行った外食は含んでいない。また、夕方以降、1日2回までの外食を含む。

 外食頻度とは、外食実施者の1カ月あたりの平均外食回数。

 外食市場規模とは、各圏域の当該年齢人口(2020年4月から2021年3月まで H30年人口推計、2021年4月からR1年人口推計)×外食実施率×外食頻度×外食単価で算出した。

 圏域別の外食実施率は、首都圏が58.9%(前年比増減-3.5pt)、関西圏が61.1%(同-6.8pt)、東海圏が62.2%(同 -3.7pt)となった。外食頻度は、首都圏が3.66回/月(前年比増減 -0.24回)、関西圏が3.45回/月(同-0.26回)、東海圏が3.28回/月(同-0.27回)だった。外食単価は、首都圏が2,565円(前年比増減+24円)、関西圏が2389円(同-293円)、東海圏が2138円(同-115円)となった。外食市場規模は、首都圏が1291億円(前年比増減-155億円)、関西圏が554億円(同-200億円)、東海圏が269億円(同 -58億円)だった。

 業態別(3圏域計)の市場規模は、「居酒屋」(前年比増減-104億円)、「和食料理店」(同-54億円)等主要16業態中14業態で前年を下回った。「居酒屋」は単価が増加したものの(前年比増減+25円)、延べ回数が減少し(同-309万回)、「和食料理店」(同 延べ回数-133万回、単価-36円)等は延べ回数・単価ともに減少した。

ホットペッパーグルメ外食総研=https://www.hotpepper.jp/ggs/


このページの先頭へ